ひとり言

アクセスカウンタ

zoom RSS SMC PENTAX 24mm F2.8 分解修理

<<   作成日時 : 2013/03/24 18:56   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

中古で買ったSMC PENTAX 24mm F2.8、前球の縁に傷があり、外観はスレが目立ち、フォーカスリングもかなりグリス抜けしていてスカスカ、でも写りはまずまずで気に入っていたのだが、ある日突然絞りのばねが利かなくなってしまった。絞りが開放のままでこれでは使えない。いつか修理をと思っていていつの間にか1年以上経ってしまった。フランジのネジを外すには0番プラスドライバが必要なのだが、以前買ったものが見つからず、近所でも簡単には手に入らなくてそのうちに忘れ去られてしまった。今回カインズホームでようやくドライバを見つけて入手、分解作業に入った。
まず、フランジをはずす。バネがどこかにあるはず、でもすぐには見つからない。レンズを振ったり回したりしているうちにバネが見つかった。折れているのではなく単に外れただけだった。自動絞り連動のレバーにバネをかける突起があるが、固定する側の突起が見つからない。
絞りリングを外し、ダイヤマークのついた固定リングを外すことにする。横長のスリットが2箇所に刻まれており、絞りリングと連動させるためのビスがスリットに顔を出している。このビスを外し、固定リングのビスも外して固定リングを取ると、バネを固定させる突起が見つかった。これでバネを取り付け、元通り組み立てて修理は完成。試写の結果は問題なしだった。
ただ、今メインで使っているSMCPDA 18-55/3.5-5.6 ALUと画質をあらためて比較してみると、もちろん単球のほうが良いことは良いのだが、ズームでもそれほど気になるほどの画質の低下はなく、ズームの便利さを考え率、これからの出番は少なくなるのではないかという気がしてしまう。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 6
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

by ブログの時計屋さん
SMC PENTAX 24mm F2.8 分解修理 ひとり言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる