アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「ひとりごと」のブログ記事

みんなの「ひとりごと」ブログ

タイトル 日 時
2016年1月18日 東京の大雪
前日からの関東地方の雪の警報で当日は少しはやめに家を出たのだが、駅に着いた時には青梅線は止まっていて、人が溢れていた。倒木によるとのことで、作業員が現場に向かっているとのことだった。松子と1時間あまり、会社に電話して状況を説明、その後現場で撤去作業が始まったとのアナウンスがあったが、いつ再開になるのかは依然として不明、それでもみんな寒い中我慢して待っている。近くにファーストフード店があるのでしばらく待機、再び駅に戻るも、今度は車両故障で電車が駅に止まったままとで、復旧には相当時間がかかるというア... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/01/20 18:19
PCの画面が勝手にスクロール
ある日突然のこと、IEを起動すると、サイドバーのお気に入りが勝手にどんどん下方へスクリールし始めた。何とか止めようといろいろクリックしてWEBサイトの何もないところをクリックしてみると止まるには止まったのだが、サイドお気に入りのスクローrバーを動かすと再び下方へスクロールが始まってしまった。ブラウザを変えてFireFOXにしてみたところこんどはサイトの画面が右方向に勝手にスクロールしてしまう。キーボードの矢印キーやページのアップ・ダウンキーを押してもなおる気配がない。ワイアレスマウスの電池を抜い... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/01/03 23:14
ブランデンブルク協奏曲第6番
この曲を最初に聴いたのは学生時代だったと思う。オーディオに凝っていたころで、バロックも少し聴いてみたいという気持ちで、目に付いたのがこの曲だった。カール・リヒターのアルヒーフ版で1,3,6番が入っていた。経済的なこともあって、その後全曲をそろえたのは40代になってからだろうか。グラモフォン版で2枚バラで購入した。 6曲のうち一番気に入っていたのが6番、バイオリンがなく、落ち着いたゆったりとした雰囲気が心地よかった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/04/19 20:00
飛蚊症
1年くらい前から左目が時々痒くなることがあった。強く目をこすることもあってよくないので、痒み用の目薬を買って常用をはじめた。あるとき左目がやけに突っ張るような感じがしたので眼科へ行ってみた。目脂が過多ということで、特に心配する症状ではないとのことだった。昨年末あたり、左目にミジンコのような塵が映るようになった。若いころにも糸屑のようなものが映ったことがあり、それは気づかないうちになくなっていたので、今回も塵だと思い目を何度も洗浄してみたのだが、一向に取れる気配がない。素人では難しいのかと思い再び... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/03/01 14:31
2階しかないエレベーター
2階しかないエレベーター 駅のホームなどでよく見る改札階とホームを繋ぐエレベータ。いつも不思議に思うのは、2階しかないのに行き先階の押しボタンがあることだ。乗れば行き先は決まっているので、閉じると開くのボタンがあればそれで十分だと思うのだが、行き先階のボタンを付けないと何か問題があるのだろうか?もしかしたらコストダウンのための標準化なのかもしれないが。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/12/29 07:42
モミジガサとテバコモミジガサ
モミジガサとテバコモミジガサ モミジガサとテバコモミジガサはどちらも奥多摩に生育する野草だ。テバコモミジガサは高知県の手箱山で最初に発見されたとのことだが、違いはその大きさぐらいなので、これまではほとんど感覚的な同定しかできなかった。もう少し確実な方法をと、ネットでいろいろ調べていたところ、葉の裏面に違いがあるということがわかったので、今年の散策では必ず葉を裏返して見る事にした。なるほどこれなら一目瞭然だ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/10/06 21:57
コーマーシャルから好きになった曲
今はほとんどTVを見ることはないが、10代のころはちょうどTV文化の真っ盛りで、見ても見なくてもTVがついていることが普通だった。そんな中、流れてくるコマーシャルから、時折はっとするようないいメロディが聞こえることもあった。そこから歌手や曲名を調べてレコードを買うこともしばしば。今こうやってYouTubeで調べてみると、なるほどこんなコマーシャルだったのかと懐かしさも感じる。女性ボーカルばかりになったのは、やはり青春時代だったからか。ジェーンモアは少しエッチな感じもするのだが。. ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/09/28 14:28
ハイケンスのセレナーデ Heykens' Serenade ミソミ〜ファミレ〜ドレミドソ〜ソ〜
中学生のころだったか何気に聞いていた曲のメロディーがふと浮かんできた。名前がわからずYouTubeでは調べようがない。確か女性ポップス歌手が英語で歌っていたような気がしたので、思いつく歌手をいろいろ調べてみたがそれらしい曲は見つからなかった。ためしにドレミ音階でミソミ〜ファミレ〜ドレミドソ〜ソ〜と入力してYahooで検索してみると「ハイケンスのセレナーデ」であることがわかった。(昨年10月のことで、今調べてみるとそれとわかるWebページは見つからなかった。) さっそくYouTubeで調べてみると... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/09/10 22:19
ベルト・ケンプフェルト Bert Kaempfert
ベルト・ケンプフェルト(ケムプフェルト)、本ブログでは3回目の登場になる。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/04/06 23:15
ハードディスクが不調だった訳
今年2月にはいってからのことだったろうか、PCの調子が悪く、しょっちゅうハングアップしてしまう症状が続いていた。再起動するとHDの読み取りエラーのメッセージがでてくる。何度か再起動を切り返すうちにHDが認識されないという状態に陥ることもしばしばだった。ところが数10分ほど置いてあらためて起動するとたいては起動がうまくいくのである。HDを交換してからまだ一年も経っていな。そんなに簡単に壊れていいものか。それにしてもHDの破損にしては時間を置くと治ってしまうという症状の理解に苦しんでいたが、やむにや... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/03/31 13:25
SMC PENTAX 24mm F2.8 分解修理
中古で買ったSMC PENTAX 24mm F2.8、前球の縁に傷があり、外観はスレが目立ち、フォーカスリングもかなりグリス抜けしていてスカスカ、でも写りはまずまずで気に入っていたのだが、ある日突然絞りのばねが利かなくなってしまった。絞りが開放のままでこれでは使えない。いつか修理をと思っていていつの間にか1年以上経ってしまった。フランジのネジを外すには0番プラスドライバが必要なのだが、以前買ったものが見つからず、近所でも簡単には手に入らなくてそのうちに忘れ去られてしまった。今回カインズホームでよ... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/03/24 18:56
繋ぎのメロディ ドシラソ
繋ぎのメロディとでもいいましょうか、ドシラソで続く曲によく出会います。何処と無く、どれも似たような曲に聞こえてしまうのは私だけでしょうか。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/02/22 14:12
下を向いて歩く
朝の通勤時、駅のホームや通路は行き交う人で激しく混み合う。乗り換えなど、急いでいてもなかなか素早く動けないのが常である。通常目線で人の動きを見ていてもなかなか先が読めない。しょっちゅうぶつかっては「すみません」の繰り返しとなってしまう。去年のあるときふと思いついたのが「下を向いて歩く」。人の足の動きを見る方がわりと予測がつき易いのである。最近は意識的に下を向いて歩くことが多い。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/02/11 11:39
朝の富士山
朝の富士山 朝の通勤時、晴れた日は中央線からの富士山の眺めが綺麗だ。祝日にどこかの駅から写真を撮るのもよいのだが建物や電線など障害物が多い。富士山は奥多摩の山々からも眺めることができるが、そこへ到達する時間がどうしても午後になるので、写真を撮ろうとすると逆光ぎみになる。青梅市からだと多摩川の右岸の丘陵のために富士山が隠れて見えないのだが、この丘陵に上れば富士山が見えるだろうと、羽村市の草花丘陵を歩いてみると、意外にも樹木が多くて見晴らしが悪い。一箇所だけ富士山が見えそうな場所が見つかった。今まで何回か訪れて... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2012/11/11 12:00
似ている曲
似ている曲で訴訟問題にまで発展した有名な事例はジョージ・ハリスンの「MY SWEET LORD」だろう。 顛末はウィキペディアを参照して欲しいが、結局ジョージ・ハリスンは敗訴し、賠償金を支払うことになる。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/10/30 23:12
がっぱになる
毎朝私が乗る電車は一つ前の駅が始発のようで、空席がひとつ・ふたつ残っていることが多い。それを目指していつも椅子取りゲームが行われる。参加するのはたいてい中年のおじさんたち。少し早足でそこに向かうならまだしも、小走りで突き進む姿を見るとなんとなく失笑してしまう。金沢弁でうまい表現がある。「がっぱになる」 これは一生懸命になるという意味だが、この場ででそこまでやるか、という少し批判めいた気持ちが含まれている。私の恩師が金沢に赴任して一番気に入った方言だと話していた記憶がある。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/09/28 21:38
Whisper Not ウィスパー・ノット ヴォーカル版
ウィスパー・ノットはリー・モーガンやジュニア・マンスの演奏を愛聴している。誰か歌っていないかと調べてみたところ出てきたのがアニタ・オディとペギー・リー。アニタ・オディ版が演奏で聞いたイメージに近くで好きだ。ペギー・リーもよいが、少しなめらかでさらっとした感じが、ややインパクトに欠ける気がする。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/08/16 13:52
Somewhere Down the Road ー Cybil Shepherd シビル・シェパード
Somewhere Down the Road ー Cybil Shepherd シビル・シェパード オリジナルは1981年にBarry Manilowがリリースしている。YouTubeで検索すると彼のほかにninaという歌手のものがヒットするが、確かにこの曲ではベストかもしれない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/06/09 22:49
ナラ・レオン エストラーダ・ド・ソル
美しきボサノバのミューズの収録曲の中で一番好きな曲。太陽の道と訳されている。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/06/05 22:35
オオダイサギとチュウダイサギ
オオダイサギとチュウダイサギ ダイサギにはオオダイサギ(大大鷺)とチュウダイサギ(中大鷺)の2種類があるという。ウィキペディアやYahoo!百科事典ではダイサギの亜種として扱われているようだが、ネットでいろいろ見ていると、現在では独立した種になっているという記事も見かける。大きさはオオダイサギ>アオサギ>チュウダイサギだそうだが、並んでみないと識別は難しいかも知れない。簡単な見分け方は、足の太ももにあたる部分がオオダイサギは黄色っぽいのに対し、チュウダイサギは黒っぽくなっている。日本ではチュウダイサギは夏鳥、オオダイサギは冬... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/02/12 00:03
雨のステイション
雨のステイション 青梅線西立川駅でいつも聞いている発車メロディ、他の駅にはないおしゃれなメロディで気になっていた。とてもハイセンスで爽やかな気分になる。 ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/07/31 14:44
塵を分別する習慣
いつも出勤前に立ち寄る公園がある。いつからか小奇麗な籠式のごみ入れが二つ並んで設置されていた。特にどちらがどちらとも書いてないのであまり意識して使ってはいなかったのだが、いつしかは片方瓶缶類、もう一方は燃える塵といった感じで分別されているような感じがする。塵を分別する意識が定着して習慣となりつつあるのだろうと思ってしまう。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/06/24 19:57
バド・シャンク 夢のカリフォルニア
むかしママス・アンド・パパスで「夢のカリフォルニア」がヒットしていたころ、この曲の間奏のところがいいね、と友人と話していたものだ。2009年の4月、ジャズのサックス奏者バド・シャンクの訃報の記事を見て、この間奏のところを、彼がフルートで演奏していることを初めて知った。 最近YouTubeで彼自身が演奏する「夢のカリフォルニア」を見つけさっそく聴いてみた。間奏のところ、そうそうこの演奏なんだよな、と思いながら。。。。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/02/19 16:17
今年の冬は
今年の冬は  温暖化の影響でここしばらく暖冬が続いていたが、今年の冬の寒さは一味違うようだ。いつも凍結の度合いを見ている海沢三滝で去年と今年を比べて見ると明らかに様子が異なっている。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/01/30 18:23
実家のパソコン修理
 一昨年の後半あたりから実家のパソコンの調子が悪くなってきた。実家に帰るたびにOSを再インストールしたり、ハードディスクを取り替えてみたりなどしていたが、昨年の正月にはまったく立ち上がらなくなってしまった。その後もいろいろ試して見たが依然として原因不明。今年の正月に帰ったときいよいろマザーボードを変えて見ようかと思ってドスパラへ赴いてみなが、去年の夏はまだ残っていたソケット478用のマザーボードも既になく、中古のものを買ってきて付け替えてみたがこれも駄目。マザーボードそのものは大丈夫そうで、BI... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/01/30 17:50
秋の野菊たち
秋の野菊たち 一昨年秋、タイトルだけつけて編集中のまま放置状態^^;、あっという間に1年以上たってしまいました。 あらためて昨年の秋の野菊の写真を整理して、ようやくまとめることができました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/01/09 20:12
春のごとく It Might As Well Be Spring  ジョニ・ジェイムス
1945年の映画「ステイト・フェアー」の中の一曲である。この曲はジョニ・ジェイムスのCDで初めて知った。いろいろな歌手が歌っているが今でも彼女のものが一番の愛聴盤となっている。リチャード・ロジャース作品集を集めたアルバム「My Favorite Things」に収録されており、バックのポール・スミスのピアノがとても心地よい。 以前YouTubeで検索したときは見つからなかったのだがつい最近あらためて検索して見つけることができた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/11/04 22:55
ノササゲ
ノササゲ 1年前に初めて奥多摩で目にした花だが、名前がわからずにずっと気になっていた。あまり目立たない地味な花だ。検索のキーワードを何にすればよいのか、調べるにも手がかりがなかった。先日マメ科の花を調べていてふと似たような花が目にとまった。写真と照合して見るとどうやら間違いがなさそうである。ノササゲ(野大角豆)と書くそうだ。つる性の多年草で、実は熟すと濃い紫色のサヤになるそうだ。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/10/16 16:39
青春の光と影Both Sides Now クローディーヌ・ロンジェClaudine Longet
「青春の光と影」はジョニ・ミッチェルがオリジナルだが、日本ではジュディ・コリンズの歌でヒットしている。 私の愛聴盤はクローディーヌ・ロンジェ。とてもシンプルな歌い方だが、愛らしさの中に人生の刹那さを感じる。彼女はアンディ・ウィリアムスの元奥さんでもあり、後に大きなトラブルを起こし芸能界を退いている。11PMの「Hurry On Down」も彼女の歌声だ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/09/17 23:23
エスカレーター右左 @金沢
エスカレータを歩くとき、関東では右側、関西では左側というのが一般的のようだ。中には歩くなという人もいるようだが。さて、我が故郷金沢は関東圏と関西圏の文化がちょうど入り混じっているようだが、エスカレータの場合はどうだろうか。 金沢駅前にあたらしくイオンができたので、帰省の時に入って見た。エスカレータを歩こうとすると、止まって乗っている人が右だったり左だったりで、ジグザグに歩くことになった。ここでも関東と関西の文化が入り混じっていることを実感してしまった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/01/05 00:02
Chilly Winds 冷たい風
この曲はキングストン・トリオの曲の中でも特に好きな曲の一つだ。当時のメンバーでシンガー・ソングライターでもあるジョン・スチュワートと、彼と親交の深かったママス・アンド・パパスのメンバー、ジョン・フィリップスの合作という。私の持っているLPには収録されているのだが、YouTubeを検索してもオリジナル・メンバーのものはなかなか見つからない。ニュー・キングストン・トリオでの演奏のものは見つかったが、オリジナルを踏襲してはいるものの、ハーモニーの響が全然違う。探した中ではカンバーランド・トリオのものが... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2009/10/09 23:07
山の躑躅
山の躑躅 桜の季節が過ぎると各地の公園や庭園では躑躅がいっせいに咲き始める。青梅市でも塩船観音寺の躑躅が有名で、つつじ祭りの時には火渡り荒行修行などのイベントも開催され、大勢の観光客が訪れる。躑躅が終わると今度は紫陽花の季節となり、それはそれで季節感を感じさせてくれる。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

2009/09/26 00:14
ファースト・タイム The First Time Ever I Saw Your Face
この曲を最初に聴いたのは20代のころ、ロバータ・フラックのLPからである。2枚組のLPで、Killing me softly がお目当てだったので、切々とした歌い方ではあるがこちらは特別好きというわけでもなかった。 その後CDが普及し、好きだったキングストン・トリオのCDを買った時にこの曲を聴いて、とても美しいメロディーでいっぺんに好きになってしまったのだが、実はこのときはロバータ・フラックで聴いた曲と同じだとは夢にも思わなかった。何度か聴いているうちに歌詞に何となく聞き覚えがあったので、もし... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2009/09/15 23:56
美川 県一の町
美川 県一の町 美川下水処理場の水槽塔に書かれた広告塔である。 帰省の際、北陸自動車道をバスで通るたびに気になっていたのではあるが、今年ネットのニュースを見ていたら 老朽化のため撤去されるという記事を目にした。 その前に写真に収めておきたいという気持ちで、お盆休みの帰省のときに写しておこうと思ったのだが、往きのときはすっかり忘れていて撮りこそなってしまった。 帰りのバスの中で今度は忘れないようにと最初からカメラを準備して狙っていた。 首尾よく撮影成功である。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/09/13 00:03
ティル・ゼア・ウォズ・ユー Till There Was You
最近この曲にはまっている。この曲は1957年のブロードウェイミュージカル「The Music Man」 でバーバラ・クックが歌ったものだという。 Barbara Cook sings The Music Man ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/08/21 22:56
パソコンが落ちる訳
パソコンが落ちるにはいろんな理由が考えられる。OS、マザーボード、電源などいずれかが壊れていると落ちやすくなる。数ヶ月前、常用のパソコンが落ちやすくなり、このときはきな臭い臭いもしていたので、マザーボードを交換しOSも再インストールしてみた。かなり安定になったような気がしたがそれでも時々落ちてしまう。実はマザーボードの交換でケースを開けたとき、電源に組み込まれた冷却ファンが回らないことに気がついていたのだ。ヤバイと思いながらも、もしかしたら熱くなったら回りだすのかな、などと勝手に解釈して様子を見... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/07/25 20:19
Chopin Nocturne Op. 9 No. 2 癒される演奏は
同じ曲でも演奏によって随分変わってくるところにクラシックの面白さがある。 ショパンのピアノ曲でYouTubeからいくつか集めてみた。 これだけしかないサンプルで演奏家を評価することはできない。 その演奏家の年代やあるいはその日の調子にもよるからだ。 また録音技術の違いもあるだろうから、人によっては 音質が耳障りと感じる場合があるかも知れない。 でもこれくらいの数だとある程度演奏の違いを感じ取ることはできる。 あまり多いとこんがらがって、わけがわからなくなってしまうだろう。 感性豊... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/07/05 08:57
Shocking Blue
ショッキング・ブルーは1970年のころだろうか、日本ではヴィーナスが結構ヒットしていた。あえてレコードを買うこともなかったが、ラジオではよく聞いていた。不思議と歌詞の記憶がうっすらと残っているのだが、そういえばトア・エ・モアのLP(ニューヨーク録音)に収録されていたかも知れない。グループのメンバーのこともあまり知らずにその後記憶からは消えていった。 息子たちにこのころのロックを聞かせようと思ってYouTubeを物色していて見つけたのだが、映像を見て軽いショック、何とヴォーカルは女性だったのだ。... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/07/04 20:58
長引いた風邪
6月12日金曜日の夜、仕事を終えて帰ってきてから風邪の症状がでてきた。熱を測ろうと思ったが体温計がすぐに出てこない。寒気を感じるほどでもないのでただの風邪だろうと思った。土日寝ていれば直るだろうと高を括っていたのだが、月曜日の朝になってもいっこうによくならない。  仕事を休んで医者に行くことにした。受付で熱を測ると37.8度、看護師さんから、保健所に電話をかけて症状を話し、新型インフルエンザでないことを確認して、掛かりつけの医者で受診してもよいか許可をもらうようにと指示された。チェックされたの... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/07/04 20:04
トランペットが聞きたくて
トランペット曲はあまり聴くことがないのだが、時々無性に聴きたくなることがある。透明に響き渡るゆったりとした演奏が好きだ。思い出に残るのはニニ・ロッソの「夕焼けのトランペット」、流行ったころは町を歩くといつもどこからかラジオでこの曲が流れてきたものだ。当時は誰の演奏でなんと言う曲かもわからなかったのだが、ポップスを聴くようになってからニニ・ロッソを知るようになった。最初に聴いたのは「さすらいのマーチ」、映画「前進か死か」の主題歌だ。彼のヴォーカルも入っていい曲だなと思い、シングル盤も入手、何度も何... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/05/31 17:39
福野 夜高祭 2009年5月2日@富山県南砺市
福野 夜高祭 2009年5月2日@富山県南砺市 福野は富山県南砺市(旧東砺波群)にある小さな町だ。母の実家があり私はここで生まれた。5月1日、2日に開催される夜高祭は子供のころから慣れ親しんできた。行灯の山車が、夜になると拍子木を打ち鳴らし歌を歌いながら、福野の町を練り歩く。年齢によって大行灯、中行灯、子行灯と大きさも異なる。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

2009/05/04 18:23
青梅線 立川駅の怪?
立川駅は昔、立川止まりの青梅線が1番線に入っていたそう。駅ビルが建ったときにホームがなくなってしまい、その後1番線はずっと欠番のままだった。改めて1番から番号が振りなおされたのはつい去年のことだ。 現在青梅止まりの電車は1番線・2番線(旧2番線・3番線)に入る。東京直通の上り電車は3番線(旧4番線)、東京から青梅への下り直通電車は5番線・6番線(旧6番線・7番線)に入る。 朝、東京方面の直通電車に乗ると立川駅手前で線路を何本か渡って3番線に入ってゆく。その前に信号待ちで少し止まることが多い。... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/03/28 20:12
散歩コースが火事
散歩コースが火事 家を出た時には5月ころのような暖かさにちょっとびっくり、いつもどおりの着膨れ状態だったので暑かったのだが我慢の範囲ということにしてそのまま近所の川原の散歩コースに向かった。いざ川原へ降りようとしたとき前方に炎と煙が見える。野焼きでもしているのだろうと思ってそのまま進もうと思ったら、消防車のサイレンの音が聞こえてきた。もしかしたらこれは火事?と思って暫く入口で様子を見ていると、まもなく消防車が到着して消火活動が始まった。あたりには次第に野次馬の数も増えてくる。 望遠で炎を覗いてみると結構迫力... ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2009/02/14 21:00
母のオムレツ
母のオムレツ 子供の頃から好きだった母のオムレツ、少し変わっていて卵焼き用のフライパンで作るので四角いオムレツだ。学生時代のアパート生活や単身赴任のときの一人暮らしのときなど、教わったレシピで再現しようとするがなかなか同じような味にならない。妹や家内もその伝統の味を引き継ぐまでにはいたっておらず行く末を案じていたのだが、正月帰省したときにふと思いついた。次男が洋食の店でアルバイトをしている。料理も作っているとのことなので、もしかしたら母のオムレツの作り方を習得できるのではないか。そして早速提案しやってみること... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 6

2009/01/11 17:56
次男の初?ライブ
専門学校で作曲勉強している次男、そのかたわらピアノなども習っているが、地元のライブハウスのセッションに飛び込みで参加。そこで知り合ったベースマンとそのライブハウスでジャズのライブをやることになった。その時のジャズレパートリーはCジャムブルースたった1曲。3週間くらいで12曲を取り揃えることになってしまったが、何とか頑張って準備はできたようだ。練習でどちらかの小指を痛めていたようだが、前日に別の指を突き指してしまうアクシデントもあって、前日はかなり落ち込んでいたのだが、演奏中は痛さも忘れていたそう... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2008/12/23 11:54
満員電車の床にバッグを置かないで
最近電車でよく目にするのは、バッグを床に置いて両足で固定、あるいは移動する行為である。いや、すいている場合には何の問題も無いのだが、混んでいる時にはとても危険だ。電車が揺れたときなど、足運びでカバーしようとして、そこにバッグがあると思わずつまづいてしまう。先日も危うく転倒しそうになった。他の人が見ると、何やってんだこのおじさん、となってしまう。通勤時間帯には大きな荷物は電車に持ち込まないで欲しいものだが、学生さんだとある程度止むを得ない事情だとも思う。普段から床に置いて汚れているから、網棚に乗せ... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2008/12/13 22:04
はじめてのPENTAX-Aレンズ
はじめてのPENTAX-Aレンズ 愛用しているSMC PENTAX-M 35mm/F2.8レンズだが、当初から絞りが粘ることを承知でオークションで落札したものだ。この手の不具合は、何度も絞りを開閉しているうちに良くなることを経験していたからである。実際、このレンズもそれで旨くいったので、その後はメインレンズの一つとしてずっと使っていた。ところが最近、また絞りが粘りだしたのである。シャッターを切ったときにきちんと絞り込まれないので、露出オーバーが何度も続く。少し時間をかけると何とか使える状態に復帰するのだが、極めてストレスを感じて... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/12/06 21:00
PENTAX K10D 試写記
PENTAX K10D 試写記 3年前に新品で購入したPENTAX istDSもかなり使い込んできて、露出モードダイヤルが硬くなったりシャッターボタン周りの文字がハゲだしたりで、だいぶガタがきたようなので思い切って買い換えることにした。とはいっても何しろ先立つものが問題で、今回はオークションから中古のものを探す事となった。K10Dはもう生産中止で今はK20Dに主役を譲っているが中古市場ではまだまだ新しいそうなものが安く手に入る。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2008/11/01 20:59
FTPがつながらない
普段ホームページの更新に使っているFFFTPが突然つながらなくなった。最初「接続しました」と出るのだがそこで止まってしまって、数分後に「接続できませんでした」と表示されるのである。特に設定を変えた訳でもないのだが、もう一度設定パラメータを入れなおしてみたり、あらたにホストを作ってみたりしても症状は変わらない。ただし、つながらないのはひとつのサーバーだけで、実はもうひとつのサーバーはまったく問題なかったのである。これは多分サーバー側の問題かなと思って翌日試してみたがまだつながらない。ちょっと不安に... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2008/10/03 21:24
このごろのバリウム事情
このごろのバリウム事情 今日は1年8ヶ月振りの健診だった。事情により土曜日でしかも青梅から遠い新宿まで出かけることになってしまった。胃のレントゲンにはバリウムを飲まなければならないのだが、昔に比べずいぶん楽になったような気がする。 まず量が少なくなったのではないだろうか。それに、最初からいっきに全部飲むのではなく、撮影しながら少しずつ飲む。食道のレントゲンを撮るのが目的のようだ。特に今回特徴的だったのはその飲み方。上を向いて一口、口に含み大きく息を吸いながら頭下げてゴクンと飲み込む。この繰り返しが多かった。ゲップをし... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/09/06 22:36
ビートルズのライブスタイル
昔はレコードやCDばかりでしか聴けなかったビートルズの演奏だが、DVDや最近てはYouTubeなどライブでの演奏が手軽に見れるようになったのは嬉しい。ルーフトップコンサートが見たくて買ったDVDで当時のいろいろなライブの様子を見ることができたのだが、ひとつ感じたのはどのライブでもほとんどレコードで聴くのと同じ、アドリブがほとんどない演奏なのだ。同じ曲の一つの演奏にいろいろなライブ演奏を重ねた映像をよく見かける。編集の妙もあるのだろうがほとんど違和感なく見ることができる。グループで協力して作り上げ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/08/25 23:02
高山の黄色い花
高山植物の中でミヤマキンバイ、シナノキンバイ、ミヤマキンポウゲはなかなか見分けがつかないようである。その中でシナノキンバイは私がよく登る白山や尾瀬至仏山でいつも見かけるので、この頃は見ただけでわかるようになってきた。ミヤマキンバイは20代のころ見たという記憶があるのだがどんな花だったかすっかり記憶の外に追いやられていた。ミヤマキンポウゲは時々見かけるのだが、黄色がデジカメで旨く写せずに後から写真で見て脳裏に定着することがなかった。 今回至仏山で撮った写真を整理していく中で幸運にもこの3種類の花... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/07/26 23:20
アカショウマ(奥多摩ロックガーデン) 
ショウマの見分けが苦手である。特にヤマブキショウマ(バラ科)、トリアシショウマ・アカショウマ(ユキノシタ科)はその姿がよく似ているので難しい。このうちヤマブキショウマは葉の形が何となく違うなという感じがするのと、雌雄異株ということもあって拡大した花の姿でもある程度見分けることができるのだが、アカショウマとトリアシショウマはネットでいろいろ写真を見比べても違いがよくわからなかった。 奥多摩に詳しい方のコメントだと、奥多摩にトリアシショウマはいないということなので、今の時期目にするのはほとんどアカ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/07/06 13:40
花はどこへ行った
キングストン・トリオやPPMが活躍していたころヒットした 「Where Have All The Flowers Gone 花はどこへ行った」、素朴な歌詞に反戦の意味も含めてよく口ずさんだものだ。先に聞いたのがキングストン・トリオの方でシングル版もこちらを買った。PPMの方は後から聞いたのでどうも馴染めなかったのだが、歌い回しには両者でかなりの違いがある。どちらもモダンフォークの部類に入るのだろうが、キングストン・トリオはどちらかというとストレートで素朴な歌い方なのに対し、PPMはどちらかという... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2008/06/29 20:07
YouTube埋め込み初挑戦
最近いろいろなブログサイトで見かけるYouTubeですが、簡単にできるものかやって見ます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/05/28 21:28
連休後半は帰省
連休後半、といっても前半はカレンダーどおりなので休みという実感はなかったが、急遽一人金沢へ帰省することになった。一人なので電車の切符は何とかなるかと思ったのだが、越後湯沢までは往復とも新幹線の指定が取れたものの、越後湯沢ー金沢間のはくたかの指定がまるで空いていなかった。まあどちらも始発なのだからと楽観視していたのだが、実際往きのはくたかは越後湯沢で自由席は長蛇の列、結局諦めて1時間後の臨時のはくたかに乗ることとなった。帰りはその経験を踏まえて1時間前には金沢駅に行ったのだがすでに20人くらいの列... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/05/07 21:48
線路を歩く
よく人身事故や車両点検・信号機の故障などで停まる中央線だが、今日は参った。変電所の火災ということで送電がストップしたことによる立ち往生だ。停まってから40分くらいして、全員車両からおりて駅まで歩くという場内放送があった。いっせいにドアが開くのかと思ったら、一両目の車両から降りるという。私の乗っていた車両は6両目だったが、1両目に辿り着くまでおよそ1時間もかかってしまった。1両目は左右2箇所ドアが開いていて階段が取り付けてあった。職員が2人、上と下から降りる人に手を添える。飛び降りれないこともない... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/04/10 22:18
青梅線(青梅〜奥多摩間)のドアがボタン式に
 中央線・青梅線・五日市線の電車は新型のステンレス車両に次々と置き換わっているようで、オレンジ色の電車はめっきり姿を見る機会が少なくなった。この新型車両だが、ドアの横にボタンが付いている。ランプ点灯時はボタンでドアの開閉が出来るとのことだが今まで使われた形跡はなかった。  このタイプのドアボタンは岩手在住の頃、東北本線で経験している。駅に停車中の時でも自由にドアの開閉が出来るので、寒い冬など開けっ放しにならずにすむ。近年ではこちらへ移ったとき、八高線でドアボタンが使えた。単線なので、列車交換の... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2008/03/12 21:03
花粉症?
 1週間前のこと、朝から少しくしゃみが多くて鼻風邪でもひいたかと思っていたら、時間が経つにつれてくしゃみの回数がやけに多くなり鼻水も出てきた。目も涙目になりいたたまれなくなって近所の薬局へ飛び込んだ。症状を話すと即座に「花粉症です!」と言われた。強力だとう言う薬をもらい、昼食後に2カプセル飲んで、その後2時間も経つとほとんど治まった。今まで花粉症とは縁のない生活だっただけにショックは大きかった。  1日2回の服用とのことだったが、その夜は薬を飲まずに様子を見ることにした。翌日とその翌日は、ちょ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/02/26 21:51
久しぶりのPC修理
 年が明ける前あたりからメインのパソコンの調子が悪くなってきた。最初はWindows起動中にリセットされてしまうという症状だった。そういえばその1年前の冬あたりから、寒い日には時々そんな症状があったような記憶がある。  そうこうしているうちにある日帰宅してスイッチを押しても電源が入らなくなってしまった。何度も何度もスイッチを押しながら部屋も温めて何とかスイッチが入ってWindowsが起動してくれた。再起動しても大丈夫である。暫くは電源を落とさずに、時々再起動して使っていた。  それも1週間く... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/02/11 20:59
息子からの誕生プレゼント
 いつの間にやら誕生日も過ぎて、又一つ歳を重ねてしまった。60代へのカウントダウンは着実に進んでゆく。たまに軽い風邪をひくことはあるが体調はすこぶる健康、少しでも健康なまま長生きしたいものだ。誕生日に息子からプレゼントを貰った。この歳になって初めての体験である。まだ独立に至らない息子だが親のことを少しは考えてくれる年頃になったかと、ちょっぴり感激である。品物は目覚まし時計、CDを聴くことが出来て、目覚ましの音はCDの音楽という優れものだ。この頃は百均の目覚まししか使っていなかったので見るに見かね... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/03/26 12:00
胃カメラ初体験
 昨年末の人間ドックで胃の検査でひっかかってしまった。ポリープの疑いで精密検査が必要とのことだ。年明け早々総合病院の内科を訪れて問診の後内視鏡の予約を取る。前日の午後9時からは飲食は禁止だが、人間ドックと違って検査の2時間前までは給水は可能だ。検査30分前までに受付を済ませ血圧を測ったあと名前を呼ばれるまで待つ。血圧は上が101と異常に低かった。やはり朝は低血圧で寝起きが悪いと思っていたがそのとおりだった。念のため深呼吸をしてからもう一度測ってみると今度は106、やはり低いが多少体裁はついた。予... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/01/12 12:11
PC温度異常
PCのアラームが頻繁になるようになった。ハードウェアモニターで調べてみると、CPUの温度が異常に高く、アラームの設定温度を超えているのである。いよいよCPUも寿命が来たのかなと思ったが、待てよ、ケースの埃でもたまって空気の流れが悪くなったのかなと考えて、兎に角中を開けて掃除してみることにした。思ったほど埃はたまってはいなかったのだが、ひととおり掃除をしてひとまず様子を見ることにした。このときCPUクーラーの取り付け部が何となく歪んでいる様な気がしたのだがあまり深くは考えなかった。その後もアラーム... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/04/29 12:20
ツバメの顔は赤い
 最近鳥撮影用にとお遊びで買った中古の400ミリレンズだが、オートフォーカス世代のもので軽量コンパクトな作りだから、デジ一眼で600ミリ相当とはいえ、充分手持ち撮影が可能である。勿論、天気が良くて高速シャッターが切れることが必須ではある。近所の川原でシラサギやセキレイなどを撮りながら練習しているのだが、撮った写真を拡大してみると色収差などが見えることもあるから、所詮値段相応の性能かと納得してしまう。  今の時期、ツバメをよく見かけるようになった。ただ、飛んでいるツバメを撮るのはなかなか難しい。... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/04/25 12:24
花鳥風月
 花鳥風月という言葉を辞書で調べてみると、自然の美しい風景全般をさしているようだ。なにも花・鳥・風・月に限ったものではないことをあらためて知った。風景写真が趣味の私にとって、この言葉は被写体という意味でピッタリなのだ。山歩きをしていれば季節ごとの花に当然目がいく。最近は鳥にも興味が沸いてきた。この4文字には含まれていないが山頂からの展望も当然被写体となる。月はどうか?ある程度高機能なカメラであれば充分月の写真が撮れる。風景の中に添景として月を写しこむことも趣があって良い。風はどうか?目に見えない... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/04/05 12:26
最近寒がりではない
 もう2ヶ月前になってしまったが、正月休みに帰省したとき、金沢の町を暇に任せて何度か徘徊していると、母から「このごろ寒がらなくなったね、昔は本当にさむがりだったのに」と言われてしまった。本人はそれ程自覚していないのだが、昔から外へ出るときはそれなりに厚着をしていたから、徘徊ぐせはそんなに変わっていないのではないかと思うのだが。そう言えば、実家は古い家なので昔は暖房と言うとコタツぐらいだった。今では石油ストーブを焚いているから、室内の暖かさが違う。昔寒がりだったといってもそれは室内のイメージが残っ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/03/08 12:29
よいしょ・どっこいしょ
 先日御岳の遊歩道を歩いていたら、私よりも一回りくらい年配のご婦人が二人で立ち話をしていた。その時飛び込んできた言葉、「最近、座るときはよいしょ、立ち上がるときはどっこいしょ・・・」。私など、もっと若いころから「よいしょ」なんて日常茶飯事で、掛け声をかける度に、家内から嫌味を言われる始末である。それが、このごろというご婦人にはいたく感心してしまった。ところで、何となく私の場合は逆のような感じがする。座るときが「どっこいしょ」、立つときが「よいしょ」かな、などと考えていて、じっさい立ち上がったとき... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/03/08 12:25
はむらん
 青梅市の隣羽村市では、市が経営するはむらんという定期マイクロバスが走っている。確か去年の5月ころからだったろうか。運賃100円でしかもそのまま別の路線へ乗り継ぎもできる。2度ばかり乗ったことがあるが、とてもお得なバスなので青梅市にもあったらと思っている。ただ、ダイヤが過疎で、1時間に1本か多くて2本、全く無い時間帯もあったりする。これが不便で、見ていると利用している人は希である。お客を乗せてない空バスをしょっちゅう目にする。なんだか運転手さんが可哀想になってくる。車体もユニークで面白いのだが、... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/03/08 12:20
CDは劣化する
 CDは劣化するものである、とは以前から聞いている話しである。それも10年から20年くらいの間、ということで大事なデータなどはそれくらいの周期で別のCD-Rなどにコピーしておく必要がある。CDの構造に詳しいわけではないが、張り合わせになっているということで、周辺の隙間から水分が進入して内部を腐食するというのがメカニズムだそうだ。ところで、数年前に買ったスピンドルパック入のCD-Rを最近使うことがあった。50枚入で半分くらいしか使っていないのだが、オリジナルCDを作ろうと思って書き込んでみると、何... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/01/19 13:17
電動歯ブラシの電池交換
 電動歯ブラシの馬力が無くなって来た。電池がへたっているらしい。底蓋がコインで開くようになっているので開いてみた。単4電池が3個直列に繋がっている。接点は溶接のような感じで一部少し腐食が見られた。防水が不十分なのだろう。全体が薄いプラスチック製のシートでパッケージされているのでこのような仕様の電池がないかネットで調べて見たが見つからない。何しろ電動歯ブラシそのものもネットで購入したマイナーなものだ。交換用の電池も扱っていない。電池はニッケル水素なのでどこでも入手可能なのだが、問題はどうやって接合... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/12/04 13:23
ココアは磨き粉?
 私のコーヒー用カップは使ったあとは水で軽く濯ぐだけ、あとは水をはっておく。1日4〜5杯ほど飲むので、いちいち家内の手を煩わすこともないということからだ。ただ、時間が経つとどうしても液面の部分がコーヒー色に汚れてくる。これは手でこすってもなかなか取れないので、こうなると洗剤とスポンジで擦るしかない。まあ残っていても毒ではないので、見るに耐えないくらい汚れるまではそのままにしておく。ところが、今年になって気がついたのだが汚れたコップでココアを飲んだ後、カップを手洗いすると、何と汚れが綺麗に取れてし... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/11/22 13:37
ようやくデジタル一眼
 デジタル一眼レフをようやく買うことができた。昨年Lumixを買ってから1年しか経っていない。そのころは一眼レフの古いレンズが新しいデジタル一眼レフで使えるという認識が全く無かった。それを知ったのはLumixを買った直後のこと。当面は我慢しなければという気持ちでLumixを使ったが、それまでのデジカメに比べて画素数が4倍になったから、15インチや17インチのモニターで見る限り画質としては十分だった。しかも10倍ズームで全域F2.8という明るさは、デジタル一眼の世界で実現しようとすると恐ろしく高価... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/08/27 13:40
リンクバナーが見えた
 私の普段使っているパソコンだが、いくつかのサイトのリンクページでリンクバナーが見えないということがあった。当然ながらリンク先に飛ぶことはできない。ソースを見てみると、リンクバナーがあるべきところのタグがすっぽり抜けていて、リンク用のタグのあとにすぐがあるのである。別のバソコンでは見えるのでずっと不思議に思っていたのだが、その原因がどうしてもわからなかった。ブラウザの設定の問題かと思って、両者の設定を細かく比較してみたのだがどうしても違いが見つけられない。先日ひょんなことからその原因がようやく分... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/07/09 13:51
レンズ解体初挑戦
 カビの生えた古い一眼用のレンズが何本かある。その中の一本がRMCトキナーのズーム70〜210mm。全域f3.5という明るさが魅力だ。今お手ごろの価格ではとても手に入らない。ヤフオクでも全く見かけないから結構レアなレンズのようだ。毎日、ああこれが使えたらと、自分の保管の悪さを恨めしく思いながら眺めていた。ネットを見ていると、レンズのオーバーホールの記事が何点か見つかった。レンズを外すにはカニメという工具が要るようだ。先日カメラ店で見ていると、似たような罫書きコンパスが置いてあった。それ程高価でも... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2005/06/19 16:19
超立体マスクが品薄
 花粉が飛び交うこの時期、巷で人気がある超立体マスクだが、このところ品薄らしくどの薬局やスーパーでも店頭から消えてしまった。因みに、私は花粉症ではないので使ったことはないのだが、家内や次男が花粉症の気があるということで、外出ついでにいろいろと探してはいるのである。最近買った15枚入りの箱ももう残りわずかになったので、とうとうインターネットで探してみることにした。最初に見たヤフオクだが、相場はほぼ定価どおりの値段で割高である。ソフトークという企業向け100枚入りのものがあるのだが、中味はどうやら同... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/04/27 16:40
新しいルータ
 今まで使ってきたルータの調子がこのごろおかしいようで、時々パソコンのどれかがネットに繋がらなくなってしまうことがあった。その時のIPアドレスを見てみるととんでもない数字になっている。サブネットマスクも255.255.0.0に変わってしまっている。ルータの電源を切って再起動させて治ることもあれば、パソコンに繋がっているLANを外してまた繋ぐと治ることもあった。ルータが原因かどうかははっきりしないが、3年以上は使っているので思い切って新しいものに変えてみることにした。  ある程度の散財を覚悟して... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/03/30 16:42
亀渕社長
 今巷で話題となっているニッポン放送だが、今日のニュースで社長がインタビューされていた。何気に字幕を見てみると、亀渕昭信と書いてある。聞いた事のある名前だ。昔、オールナイトニッポンというラジオの深夜番組にいたパーソナリティと同じ名前ではないか。ええっ、と思ってネットで調べてみたらやはりカメ&アンコーの亀渕だ。軽いノリで親しみのあるDJを行っていたが、実際にお顔を拝見するのは今回が初めてだった。インタビューを受けていたときの口調も、勿論当時の面影は薄らいでいるが気さくで親しみのある雰囲気が感じられ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/03/10 16:44
今、冬の鳥が面白い
 樹が葉を落とす冬の時期は鳥が観察し易くなるとは昔からよく聞いた話だが、雀と烏と鳩以外はどれを見てもよく区別がつかない私にとって、鳥の観察など無縁なものだと諦めていた。が、去年買ったデジカメでズームを最大にして鳥を撮ってみると、以外にも区別がつく程度に写っているから驚いた。きっかけは昭和記念公園で出合ったキセキレイからである。野鳥は警戒心が強いからなかなか接近することができない。10倍のズームをいっぱいにすると35ミリカメラ相当で420mmの望遠になるのだが、普通の感覚だとこの焦点距離では手振れ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/01/30 16:52
左足から転ぶ
 昨日・一昨日と立て続けに転んでしまった。一昨日は近くの土手で湿った土の傾斜地を降りようとしたとき、昨日は奥多摩湖について、歩道を歩き始めた直後のことだった。まだ記憶に新しいのでよくよく考えて見ると、いずれも左足を滑らせて転んでしまったのである。そういえばずっと以前、バスに乗り遅れまいと思って駆け出した瞬間に転んだときも、どちらの足から転んだのかは定かではないが、その時左肘を強く打って、その後水が溜まり、医者で抜いてもらったことがあったが、恐らく左足から転んだのだろう。もう数10年も前の話だがT... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/01/16 16:57
電車の車掌さん
 男女雇用機会均等法が施行されてから、もともと男性ばかりの職場への女性の進出が目立つ。深夜勤務なども今の女性なら平気でこなしてしまう。その一方で、もともと女性ばかりの職場への男性の進出は、これはあまり多くなさそうだ。看護婦さんという言葉は死語になりつつあるのかも知れないが、病院であまり男性の看護士さんにはお目にかかることはない。そういえば、JRの車掌さんにも女性がずいぶん増えてきている。山手線や中央線では半分近くが女性ではないだろうか。新幹線でも女性の車掌さんを見たことがある。その昔、「電車の車... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/01/11 16:59
おまけのソフトはやはり駄目?
 TVキャプチャでたまった映像を編集していたら、オーサリング中に音声が出ていないことに気が付いた。その状態はDVDに書いた後でも同じだった。WindowsMediaPlayerで再生して見るとこれはちゃんと音が出ているではないか。オーサリングの状態でファイルの読込み時にプレビュー画面を見てみるとこれもちゃんと音声は出ている。ところがそのファイルを取り込んだあとは全く音が出ないのである。このソフトはPowerProducer2 Goldというソフトで、内蔵マルチメディアドライブを買ったときにバンド... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2004/12/08 17:30
街路樹の落ち葉
 このところ毎朝、家の前には枯葉が吹き溜まりのように溜まってします。道路に面した垣根もない家だが、賃貸料の安い借家と思えば諦めもつくだろうが、それでも家内は悲鳴をあげながら枯葉の片付けをしている。街路樹は新緑や紅葉など四季折々、殺風景な舗装された道に和みを与えてくれてはいるものの、落ち葉の始末だけは大変だ。  そもそも、落ち葉はミミズやバクテリアなどがそれを栄養として分解し、いずれは土に返ってそれを落とした樹木に栄養としてリサイクルされるのが本来の姿であろう。舗装された道に葉を落としてもそれは... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2004/12/03 17:02
カメラマンは自己中?
 先日バラ園でクローズアップを撮ろうとしていて「すみません」と後ろから声をかけられた。そう言えば、それよりもだいぶ以前の話だが菖蒲公園でやはりクローズアップをしようとしていた時も前方から「すみませんという」声が聞えた。そう、この時はすぐ傍に車椅子のお婆さんがいたのだ。何故、一人っきりで放って置かれたのか不思議ではあったのだが、多分息子さんなのであろう、反対側からカメラを構えていたのだ。多分私がそこで時間をかけていたので待ちきれなくなって声をかけたのだと思う。お婆さんを長時間待たせても悪いと思っ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2004/11/19 17:34
久しぶりの一眼レフ
 一眼レフと言えば、そう、子供が出来てからは殆ど使ったことがない。日付が入るバカチョンカメラが子供の成長の記録にはとても手軽で便利だったからだ。たまに運動会の時など、望遠レンズを持ち出して使うくらいであった。一度焦点版を掃除しようとしてかえってごみが多く付いてしまって以来、一眼レフとは疎遠となってしまった。そのうちカメラもデジタルの時代が到来したが、デジタルの一眼レフは高嶺の花でとても手に入るような状況ではなかった。  デジカメも3代目になっってマクロ機能も充実し、花のマクロなど撮り始めたのだ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2004/10/31 17:37
このごろ膝が痛くならない
 以前だと山歩きをすると決まって下りで膝が痛くなったのに、このごろ何故か快調である。当日は大丈夫でも翌日になって痛みが出ることもあるのだが、このところそういったことも無い。確かに、歩いたあとはダメージ感はあるのだが痛みには繋がらないのである。今年はあまりブランクが開かないように心がけていたのでそれが功を奏したのかもしれない。あまりブランクが開くと筋肉が衰えるから、定期的に山歩きをすることによって少しばかり筋肉がついて下りのときのショックを和らげてくれている可能性もある。目だって足が太くなったよ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2004/10/25 17:44
エスキモーのふたご
 エスキモーとは「生肉を食べる人」という意味を持つらしい。長男は学校で差別用語だと教わったそうである。多分に原始的な人達という見下したような意味があることは間違いないだろう。カナダではイヌイットというのが公式呼称だ。アラスカではユーイトと言うそうだ。この「エスキモーのふたご」はパーキンズというご婦人の書いた子供向けの小説だが、冒頭には「ほんとうのお話です」と記されている。当時のイヌイットの1年に渡る生活がメニーとモニーという5歳のふたごを通して描かれているのである。厳しい環境下でもたくましく生... ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 5

2004/09/07 17:52
04夏の甲子園
 南北海道代表の駒大苫小牧高校が優勝した。名だたる強豪に次々と打ち勝っての優勝である。いや、本当に見ていて強かった。北陸・東北・北海道の高校が春・夏を通じて優勝したことはかつて無かっただけに素晴らしい快挙だ。白河関も安宅関も超えることの無かった優勝旗が一気に津軽海峡を越えるのだ。小学校時代、春の選抜で徳島商業と魚津高校の準々決勝が印象に残っている。坂東−村椿の壮絶な投げ合いの結果魚津高校は敗退した。1995年夏の大会では地元石川の星陵高校が決勝に挑んだが帝京高校に惜しくも敗退した。もう私の生き... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2004/08/23 18:17
ハイキングコースを走るバイク
 昨日御前山の帰りは小河内峠の方へ向かった。本に小河内峠からの六ツ石山の写真が紹介されていたのを思い出して、最近登ったこの山を見てみたかったからである。降りていくに従って、遠くで聞こえていたバイクの騒音が次第に大きくなってきた。どうせ若い連中がスピードを競って走り回っているのだろうと苦々しく感じていたら、一瞬少し遠くの方でバイクが折り返す影が見えた。何とモトクロスをしていたのだ。それにしてもこんなところまでよくバイクが入ってこれるものだ、と地図を見てみたら月夜見山までは車道が来ているのだ。少し歩... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2004/08/02 18:19
ハイキングコースをよぎる車道
 ハイキングコースを歩いていて車道をよぎることはよくあることだ。場合によってはかなり長い距離を歩くこともある。そんな時に思わす口をついて出てくる歌がある。ジョニー・マンデル作曲のあの有名な曲「The Shadow Of Your Smile」である。昔覚えた歌詞は今ではだいぶ忘れてしまったが、ああ、車道だと呟いた瞬間この歌詞を独りでに歌ってしまう。何の脈略もないのだが・・・  ハイキングコースから車道に出ると何となく興ざめた気分になるのだが、今の私にとっては逆にほっとするというかありがたいと... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2004/07/05 18:23
菖蒲
 花菖蒲が綺麗な季節である。今の時代ショウブと言えば花菖蒲を指すことが多いが、元来ショウブとは全く別の種類の植物である。「あやめ」と書いて漢字変換しても「しょうぶ」と書いて漢字変換しても、実は同じ「菖蒲」という漢字に変換されるのだ。以前からこの事には気が付いていて不思議に思っていたのだが、同じ疑問をいだく方がおられたのでいろいろネットで調べてみた。アヤメ、カキツバタ、ハナショウブはすべてアヤメ科アヤメ属の別種である。山野草のシャガも同じだ。ところが、ショウブはサトイモ科ショウブ属であり端午の節... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2004/06/19 18:24
どジャズ
 ”ど演歌”と言う言葉はかなり昔からあったような気がする。大辞林では「明治中期、自由民権を主張する壮士たちが演説がわりに歌った歌」と書いてある。また「日本的な哀愁を帯びた歌謡曲一般」のことも指すという。第二次大戦後は海外のポップスやミュージカルなどの影響で日本の流行歌も多様化した。そこでこういった海外の音楽の影響を受けていない日本固有の流行歌はど演歌と呼ばれるようになったのだろう。最初のころは得てして時代遅れなものとしてさげすむような意味合いもあったのかも知れない。  ところが近頃何度かどジャ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2004/05/29 18:28
パソコンの後ろは穴だらけ
 パソコンのケースを新しくしようと思ってパーツの引越しをしたら、電源を投入しても一向にBIOSの画面が現れない。そしてフロッピーのLEDはずっと点灯したままだ。よくよく調べてみたら何とフロッピーのケーブルを逆に挿していた。はるか昔同じことをやった記憶がある。その時はフロッピーディスクが壊れただけだったのだが、今回はマザーボードが壊れてしまったようだ。普通のケーブルだとコネクター部は逆挿しできないよう突起が突いているのだが今まで使っていたケーブルはそれが無いためこんなミスをしでかしてしまう。 ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2004/05/16 18:36
ファーストフード
 吉野家のノレンがいつの間にか豚ドンになっている今日このごろ、ファーストフードの世界も大変だ。ところで、寿司は今でこそ高級グルメであるが、当初は庶民が気軽に食することの出来る食べ物だったらしい。そもそも、昔はマグロが獲れると厄介者扱いで皆捨てていたそうだ。それを、醤油付けにして日持ちを良くし、酢飯と合せて握ったのが江戸前にぎり寿司の起源だという。考えてみれば、マクドナルドよりもずっと早くから日本に存在したファーストフードといってよいだろう。寿司が高級化したのはネタの拡大、新鮮なネタを使うという... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2004/05/03 18:42
ジャズのジャケット
 最近よくヤフオクでジャズを物色している。画像モードに切り替えるとジャケットで探せるので便利である。で、ときおり古い日本人ジャズミュージシャンのレコードを見つけるのだが、なんだか今ひとつ品がないのである。そう、美女を使ったジャケットが男性週刊誌の表紙を飾るような写真のように見えてしまう。今どきの日本のジャズのCDとは全く雰囲気が違うのだ。昔はまだまだジャズが市民権を持っていなかったせいだろうか。好奇心を駆り立てて売るような作りに思えてしようがない。なんだかミュージシャンが可愛そうになってしまう... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2004/04/22 18:45
朧月夜
 今日は暖かい穏やかな一日だった。夜ちょこっよ買い物に出かけた帰り、ふと口ずさんだ歌「朧月夜」。歌詞も怪しげだが、人気の無い道を小声で歌って歩いた。春風そよ吹く空をみれば・・・と歌ったところでふと空を見上げるとまさにそこには霞んだ月が見えたのだ。日はとっくに沈んであたりには菜の花ならぬパンジーがあちこちの庭で咲いているはずだがなにも見えず、ただ吹く風ばかりがかろうじて感じる程度のそよ風。  家へ帰ってインターネットで歌詞を調べてみた。意味もよくわからずに歌っていた歌詞に漢字が当てはめられてい... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2004/04/07 18:51
DVDメディア
 以前にも書いたかも知れないが、DVDメディアの状況は混乱極まりない。私はPCではDVD+R/RWを使っているのだが、メディアがなかなか安くならない。それに対しDVD-Rの方は、DVDレコーダやハードディスクレコーダが普及するにつれて急速に安くなってきている。  当サイトでも紹介しているPSXでもダビングメディアとしてDVD-Rを採用している。これによって我が家のビデオライフも、ビデオテープからDVDへの転換が一気に加速された。何といってもかさ張らないのが最大のメリットだ。収納ケースもハンド... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2004/03/24 18:55
年度末
 このごろ街を歩いていると、あちらこちらで道路を穿り返しているのが目に付く。歩いていて何となく気がいらだってくる。そう言えば3月と言えば年度末、本年度の予算を消化するための工事だろうなぁとは何時もこの時期思うことではある。これは全国的に同じなのだろうか。こういう光景はずいぶん昔から目にしている気がする。仕事のやり方に何の進歩もないのか・・・。途中で税務署のそばを通った。そういえば今は確定申告の時期でもある。自分たちが支払った税金が単なる予算消化のための無駄遣いでなければと願う気持ちは私だけでは... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2004/03/09 19:03
シャンパンが見つからない
 つい先日のこと、次男の誕生日ということで、家内に頼まれて近くのスーパーへシャンパンを買いに行った。ワインそのものは相当数置いてあるのだが、多分そのあたりだろうと探してみてもシャンパンが見つからない。殆どが外国産だからラベルも横文字で、一点一点確認していくのも結構つらい作業だが、どれを見てもワインと書いてあるだけ。シャンパンは別のコーナーなのかも知れないと他の売り場を探してみてもいっこうに見つからない。疲れてしまって、店の人に尋ねてみたがその人も発見できず、別の人に聞きにいくありさまだった。結局... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2004/02/27 19:05
パソコンオーディオがよく壊れる
 最近のパソコンのマザーボードは低価格でも、オーディオ・ビデオ・LANなどが予め組み込まれている。一昔前だと、組み込まれているものの、性能はかなり悪かったが、今はりっぱなもので十分使い応えがある。二昔前だと、これらの機能はすべて別途カードを購入する必要があったし、それなりに安くはなかった。だから最近自作するパソコンはとても安価に作ることができるし、別売カードのようにマザーボードとの相性が悪かったなんてことも心配する必要がない。  ところが、最近になってマザーボードに組み込まれたオーディオがよ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2004/02/18 19:54
HP開設一周年
 ふと気がついたら、HPを開設してから1年が過ぎていた。人によってはあっという間なのかもしれないが、私にとっては、アレッ未だ1年しかやってないんだっけというのが実感なのである。なんだかず〜っと以前からやっているような気がして仕方がない。いろんなことをやってきたし、いろいろ書いてきたから時間が長く感じるのかもしれない。が、冷静に見つめてみると、「なんだ内容的にはあまり進化してないじゃないか、アクセス数だって少ないし」と現実の厳しさを思い知らされるのである。途中幾度か大きな波があったが、兎にも角に... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2004/02/10 19:56
ヤフオク初体験
 Yahoo!オークションなるものに初めてチャレンジしてみた。1回目はDVD-R100枚だったが、これは即決でなんのスリルもなく落札決定。そして今回2回目として、ビジネスソフトにチャレンジ。通販で最安値を見ても4.5万円くらいするものを3万円台で入手できるとあってつい力が入ってしまった。数人の競合を相手に、最後まで競り合った最後の一人を何とか振り切り目標の3万円台前半で無事落札。残り時間数分のところが最も緊張しテンションも高まった。相手に対する心理作戦を練るのが妙に面白い。病み付きになるかもし... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2004/02/01 20:00
Adobe Photoshop Elements
 私はよくアナログレコードからCDを作ることが多いが、ジャケットを複写しようとすると、縦も横もA4サイズには収まらず、結局4枚の画像をスキャンして後で繋ぎ合せている。  画像処理の中でも2枚の画像を繋ぎ合わせるという処理は結構難しいものである。位置合わせもさることながら、2枚の画像の明るさやコントラスト、色合いなどの微妙な違いにより、繋ぎ目を見えなくすることがなかなか困難である。いや、あったと言ったほうが良いかもしれない。これまでは、画像処理というと、かなり昔に買ったスキャナーにバンドルされ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2004/01/23 20:03
スランプなのかな?
 このところ「今日の一曲」が停滞気味だ。音楽を全然聴いていないわけではない。最近買う機会が増えた日本のジャズミュージシャンで、岸ミツアキとか、何とか通販で入手した赤木りえとか毎日のように聴いているし、クラシックも今日はアルゲリッチのピアノでシューマンのピアノ・ソナタ#2とかクライスレリアーナとか聴いている。シューマンの激しい感情の起伏やアルゲリッチのこれまた情感をこめた演奏が伝わってはくるが、いざ感想にまとめようとしても、今ひとつ気分的に盛り上がらない。就寝前に聴くジョージ・シアリングのピアノ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2004/01/19 20:05
今年最初のコンサートの夜
 先日は久々のセッション505の公開収録が今年最初のコンサートとなった。サックス・フルート奏者多田誠司をリーダとするtheMOSTというグループ。勿論お目にかかるのは初めてである。ピアノの石井彰・ベースの上村信・ドラムスの大阪昌彦と、自らのバンドを持ったりまた、他のグループにも参加したりと、皆さんかなり有名な方々のようである。私など、名前を聞いたことがあるかなというくらいだから、もぐりだとすぐバレてしまう。さらに、それぞれがオリジナル曲を作曲するというから、日本のジャズミュージシャンの前途は洋... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2004/01/13 20:07
オーディオアンプが壊れた
 昨年末、長年愛用してきたオーディオアンプがついに壊れてしまった。突然スピーカーからボツッという音が出て音楽が停止、そしてアンプのパワー・ランプが点滅して保護状態に入ってしまった。アンプの傍へ行くと何やらきな臭いにおいが立ち込めていた。10年も使っていれば中の半導体もそろそろ寿命なのかな、とは言うものの多少高価な製品ではあるので、はいそうですかと納得するわけにも行かない。  メーカーが修理の対応をしているかどうかネットで調べてみたところ、取り敢えず対応はしているようだ。一応修理は依頼するこ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2004/01/07 20:09
チェコ・フィル合奏団クリスマスコンサート
 ほぼ1年振りくらいのクラシックコンサートになる。近くて安いところとなるとやはりこのあたりでは秋川のきららホール。でも結構いいミュージシャンが来てくれるところだ。そうそう、つい先日ここの会員になった。年会費500円で会員割引がチケット1枚につき500円(1コンサート2枚まで)だから、チケット2枚でもとが取れる。  今回は弦の美しさを誇るチェコフィルのメンバーで構成された合奏団で、リーダーがバイオリンソリストのガブリエラ・デメテロヴァーという金髪の若い女性だ。'93年のメニューイン国際ヴァイオリ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2003/12/14 08:46
cgi設置初体験
 現在HPをアップしているプロバイダはcgiが使えないため、cgiの設置ということを経験したことがなかった。何とかcgiというものを使ってみたくて、設置可能な無料サイトを探して登録し、ここ数日いろいろトライアルを行っていた。最初にやってみたのはBBSでこれは比較的すんなりといった。ただ、最初はパーミッションの設定をするのを忘れていてちょっと焦ったが。次に行ったのがカウンタの設置。これは使ったcgiの仕様なのだが、パーミッションの設定に複数の値が記述されていて、セッキュリティのレベルをトライ・ア... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2003/12/13 08:48
電動歯ブラシ
 今まで使っていた電池式の電動歯ブラシの具合が悪くなったので買い換えることにした。今度はあまり安物ではと、ちゃんとした充電式のものにした。回転式のものはどうも音が煩くて横磨き式のものにしたのだが、ちょっとケチってたて磨きの機能のないものを選んだ。超音波式とかで音も小さい。が、なんだか歯医者さんの機械の音のようで気分的にはあまり宜しくない。でも、少し頑張って、ソフトモード付きにして良かった。ノーマルで磨くと歯の神経に響くし、それに加え、長年かけて構築されたモザイク状の歯の構造が脆くも崩壊しそうな... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2003/12/06 08:51
ボケてきたか今日この頃
 最近よくやるミス、自転車の鍵の抜き忘れ・トイレへ行くつもりで洗面所のドアを開けてしまう・青信号なのに信号待ちをしてしまう・HPのネタを思いついてもすぐ忘れてしまう・・・。どこか少しだけ歯車が狂っている。生活に緊張感が失われているからだろうか。不思議と、電車に乗るときの形態のマナーモード・オンは忘れない。まだまだボケるには早過ぎるよ! ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2003/12/01 08:53
日本人ジャズミュージシャンのCD
 つい最近、注文していた早川泰子トリオのCDが届いた。ディスク・ユニオンに置いてあるということで探して見たが、結局見つからず、ネットからの注文となった。確認のメールが来て、その後郵便振替の用紙が郵送され、それで入金を確認後発送されるというのでかなり面倒だ。でも、それだけの価値のあるレコードだから仕方がない。(感想はまた後ほど)ということで、日本人ジャズミュージシャンのCDはかなり入手が面倒である。  超有名な方なら1枚や2枚は近くのレコード店にも置いてあるのだが、その他大勢のミュージシャンの... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2003/11/22 08:55
アクセスカウンタの秘密(ちょっと大袈裟?)
 BBSをリニューアルしてからおよそ一ヶ月が経過した。今度の登録先ではアクセスカウンタが付いている。速度測定も付いているが、DIONで測定した値の半分くらいしか出ていないから、あまり当てにしない方が良い。(サーバーのダウンにも参ってしまったが)  ところで、アクセスカウンタの話だが、1ヶ月足らずで100番を突破してしまった。トップページが10ヶ月たっても400番台をウロウロしていることを考えると随分速いようだが実はこれには訳がある。トップページを登録しているDIONのアクセスカウンタの仕様の... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2003/11/19 08:58
単線電車の行き違い
 子供のころは地方に住んでいたから、鉄道はあちこちに単線があった。今でも東京市部だとまだ随所に単線が残っている。当然上りと下りが行き違うところはほとんど駅だから、先についた電車は対向する電車が来るのを待たなければいけない。(そういえば、磐越西線だったかな、何とか信号所という所で行き違いがあったような) 先日奥多摩へ行ったときもそうだった。対向電車が到着してやれやれ思った瞬間、いつも後から来た電車の方が先に発車してしまうのである。これは大昔から変わらない。多分ポイント切替のタイミングの問題なのだ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2003/11/10 08:59
オールディ・ジャズ・リクエスト
 昨日は午後2時から翌日の午前1時まで、NHK-FMのオールディ・ジャズ・リクエストという番組を聴いていた。事前に何曲かリクエストしていたので、パソコンにステレオを繋いで録音の準備もしていのだが、結局リクエストした曲はかからなかった。リクエストはトータルで1300曲以上あったという。リクエストに費やされた時間は、番組トータル11時間からニュースやライブの時間など3時間くらいを引いて、おおよそ9時間。一曲かかる時間はおしゃべりなども含めて8分くらいとすると、全部で70曲程度かかった計算になる。1... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2003/11/04 09:01
髪の毛の怪
 本屋で本を見ていたとき、何だか右目のあたりにぼんやりと髪の毛のようなものがぶら下がっているのに気がついた。髪の毛を掻き揚げても、いっこうに取れない。眼鏡に付いているのかと思って見てみたがそれらしき物は無い。手で目の辺りを探っているうちに眉毛が長いことに気がついた。一番長そうな毛を、半分くらい指に絡めて引っ張ってみると抜けた。そして、目の前の毛のカゲも消えた。抜けた眉毛を見てみると4cm前後はあっただろうか。指で抜けるくらいだから結構長い。つい先日床屋へ行ったばかりなのだが、眉毛は切ってくれな... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2003/10/31 09:03
インターネットの向こう側
 インターネットの在宅講師を始めてからおよそ半年が経過しようとしている。この間にいろんな方と話をした。ほとんどの場合声だけで、相手の顔は見えないのだが、それにしても世の中には本当に顔以外でも似た方がいらっしゃるものである。過去にお付き合いしたことのある人と声が似ているばかりでなく、話し方・相槌の打ち方までほとんどそっくりの場合もあって驚いてしまう。なんだか知り合いと話しているような錯覚に陥って、ついつい気楽におしゃべりしてしまうことも度々だ。忘れないうちに、この人は過去の誰それのイメージ、なん... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2003/10/26 09:07
降車直前の睡魔
 中央線は今高架工事でいろいろ問題が出ている。私も住んでいる場所柄よく利用するが、大きな事故だけは起こして欲しくはないものだ。  ところで、私の場合、電車やバスに乗っていると、眠らなければ損という気持ちになってしまう。通勤電車で長時間会社へ通っていたころの習慣かも知れない。ところが、目を閉じても意外と眠れないものである。確かに、幼いころから寝つきはあまりよいほうではなかった。しかしながら、何故か降車前の最後の1区間で急に眠くなるのである。数十年、殆ど大事にはいたらなかったが、つい先日やってし... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2003/10/18 09:09
青い光
 内蔵用のハードディスクをUSBでつなぎ、外付けバックアップ用として使うために最近買った周辺機器だが、電源を入れると青白いランプがついた。昔の電源ランプは豆電球を使って、カバーに色つきガラスを使っていたから、青色だってそう珍しくはなかった。が、何か違和感がある。数日間心の奥底でモヤモヤしていたが、ハッと気がついた。これ、青色発光ダイオードでは・・・。外見からしか判断できないが、確かに発光ダイオードの顔をしている。  高輝度の青色発光ダイオードと言えば、20世紀には実現不可能と言われていたのを、... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2003/10/03 09:11
ハードディスク逝く
 仕事で使っているパソコンのハードディスクが壊れてしまった。昨日のことだが、スィッチを入れるとsafe modeの選択画面になってしまう。Safe modeでも通常起動を選んでもすぐにリセット状態になってしまう。10回以上電源投入を繰り返したことだろうか、ふとみるとWindowsが立ち上がっているではないか。取り敢えずほっとしたものの、どうやらハードディスクに不具合があるようだ。データのコピーはできるので取り敢えずデータだけはバックアップを取って、ハードディスクを交換することにした。なにしろ今日... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2003/10/01 09:18
ナスカの地上絵
 今日はアマゾンのTV番組が2つもある。取り敢えずビデオに収録してあとでゆっくり見ることにするが、音声だけ聞いていると、いろいろ現地の人たちの言い伝えのことが聞こえてくる。そう言えば1週間くらい前のことだろうか、ナスカ絵の謎についての番組があった(NHK地球に好奇心)。ある日本の学者が現地でいろいろ調査しながら謎を解いていく番組である。再放送のようだが、古代の謎には多少興味があるのでついつい見てしまった。どうやってあの絵を描いたのか?多くの学者が考えている方法を紹介していた。そうか、三角形の相似... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2003/09/20 09:21
スキャナーが面白い
 スキャナーを7〜8年ぶりくらいで買い換えた。何しろ以前のものは、ドライバーそのものが古くて、Windows98でも認識されない。ドライバーのセットアッププログラムを走らせて何とか使っていたが、さすがにWindowsXPでは、そのセットアップすら受け付けてくれなかった。それでも、強引に使い切ろうと、パソコンをデュアルブートにして、XPとMeを両方使える状態にし、スキャナーを使う場合はMeでブートして使ってはいた。しかし、それもそろそろ限界、面倒くさくてしょうがない。それと、フィルムもスキャンでき... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2003/09/07 09:23
男と女の会話
 おしんは相変わらず見ている。今日はたまったビデオのDVD編集。佐賀へ行ってからのおしん夫婦は喧嘩が絶えない。それを見ていて、ふと以前テレビで男と女の会話の問題点をテーマにした番組があったことを思い出した(特命リサーチだったか?)例えば女性がある悩み事を男性に相談したとする。男性は必死になってその解決法を考えてしまう。時には女性の非まで指摘することもしばしばだ。女性にとって重要なのは共感を得ることだという。だから逆に自分が責められていると思うからたまらない。文句のひとつも出てしまう。男性はせっか... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2003/08/24 09:26
激安ノートパソコン
 ノートパソコンに対してあまりいいイメージを持っていない。最初に買ったWindowsのパソコンがノートだったのだが今から考えるととてつもなく能力が低い。いらいらしながら使っていたが、そう簡単に改造もできず、せいぜいハードディスクを1.3GBにしたくらいである。2年くらい前に買ったノートパソコンも、値段のわりにはスピードが遅く、ビデオを見るにはギリギリの性能だ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2003/08/22 09:28
方言は面白い
帰省すると地元の言葉で話すのが懐かしくもあり楽しくもある。子供のころ金沢なまりを歌ったレコードをよく聴いたものだ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2003/08/19 09:29
金沢人気質
今年の盆は、地元金沢も天候不順な冷夏であった。例年だと、日本海の湿気をたっぷり含んだ蒸し暑い夏なのだが、それが無いと一抹の寂しさを感じてしまう。何しろ、北陸は1年の3分の1は雨、3分の1は曇り、そして残り3分の1が晴れの日だ。冬などは寒さよりもシャーベット状の雪の方が参ってしまう。だから、たとえ多少不快指数が高くても、天候の安定している夏の方が好きだ。「弁当忘れても傘忘れるな」とは、子供のころよく聞かされた言葉だ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2003/08/19 09:20
巡り合えない愛しい曲(3)
 先日、人間関係でいやな思いをしたことがある。非は私にあるのだが、なんとなくもやもやした気分が払拭できないでいた。そんな時、つい口をついて出てきたメロディがある。30代のころだろうか、ラジオから流れてきたメロディが忘れられなくて、いつも口ずさんでいたものだが、何分曲名も演奏者もわからず調べようがなくて、その後一度もこの曲には巡り合っていない。生まれながらの小心者で傷つきやすい私にとって、人はともかく、自分自身を癒すことはお手の物である。忙しい中、この曲をmidiにしてみた。あまり手を加える時間も... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2003/07/26 09:40
アクセスログ
 HPトップのアクセスカウンタを見ると亀さんのようなよちよち歩きだが、各サイトのアクセスログを見ていると、意外にもこの「ひとり言」のページへのアクセスが一番多い。「ギャラリー」や「今日の一曲」の倍以上のアクセスがある。しかも、トップページを介さないで直接このページをご訪問くださっているようで、アクセスカウンタには繁栄されない。(愚痴ではありません^^;) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2003/07/22 12:40
蝉の鳴き声
 しばらく晴天が続いたと思ったらまた梅雨空に戻ってしまった。夜道を歩くと何故か虫の声が聞こえてきた。そう言えば一昨日だったか、ヒグラシの鳴き声を耳にした。初夏のような暑さだったから気の早い蝉が出てきたのも不思議ではない。蝉の鳴き声といえば、その土地によって種類も違うのだろうが、鳴き始める順番にも違いがあるようだ。私の記憶が正しければ、地元北陸では、アブラゼミから始まって、ミンミンゼミ、ツクツクホウシ、ヒグラシと続いたと思う。岩手にいたときはヒグラシから始まったのにちょっと驚いた記憶がある。そう、... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2003/07/18 12:41
飛び出しぼうや
 わけあって、しばらく桑名のベッドタウンに滞在中である。ここは昔4年ほど住んでいたところだ。このあたりは結構運転が乱暴な感じがする。そうそう、桑名に来たばかりのころ、青信号で横断歩道を渡っていると、目の前をかなりのスピードで右折した車が通り過ぎていったことがあった。今、街を歩いてもやはりハッとすることがある。歩行者の方が遠慮しているのか、はたまた車の方が無遠慮なのか。そういえば街の至る所に「飛び出しぼうや」と呼ばれる人形が立っている。板に走っている子供の姿を描いて切り取ったものだ。こういった人形... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2003/07/11 12:43
オリビア・ニュートン・ジョン
 BSでオリビア・ニュートン・ジョンの東京公演をやっていた。若い頃「そよ風の誘惑」の入ったレコードをよく聴いたものだ。確か私より歳は上のはずだが、相変わらず可愛らしく感じる。時折、昔のプロモーション・ビデオをおりまぜての構成だったが、う〜ん、聴き比べてみて、少し声の張りがなくなったかな、という気がした。娘さんも歌手の道を歩むのかな。(一曲デュエットしていましたね。)彼女の曲を聴いていつも思うのだが、彼女ほど男性コーラスとのハーモニーを瑞々しく感じる女性歌手はいないのではないか。そういえば、今日デ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2003/07/05 12:44
おしん
 家内に頼まれて撮り始めたビデオだが、予約録画のテープがいっぱいになるとDVDに編集している。枚数はテープ本数の倍以上あるがやはり小スペースで収納できる。で、1回が15分なのでダビングしている間他のことがなかなかできないから、ついつい中身まで見てしまう。昔やっていたころは時間の都合上ほとんど見ていなかった。少女時代のイメージが少し残っている程度だから、初めて見るのと大して変わらない。が、そうしているうちにだんだんストーリーの方も追いだすようになってしまった。目頭が熱くなることもたびたびである。そ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2003/07/03 12:46
Excel/Wordを添付ファイルとして送信する操作
 ExcelやWordには、そのアプリケーションの中でファイルを電子メールで送信する機能がある。この機能を使えばいちいちメーラーを起動しなくてもいいので便利なのだが、何故かWindows XP(HE)では添付ファイルとして送信する機能が旨くゆかなかった。メニューバーのファイルから送信をポイントすると、「メールの宛先(添付ファイル)」というコマンドがあることになっているが、それすら見当たらない。コマンドはメニューバーのツールからユーザー設定を開いて、コマンドタブからドラッグして持ってくることはでき... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2003/07/01 12:48
梅雨時に思う
 梅雨時ともなれば、至るところで紫陽花の花を見ることができる。現在の借家に移ってから半年あまり経ったが、小さな庭の片隅に紫陽花の花を見つけた。花が咲くまでは気付かないものだ。以前、一ノ関の“みちのく紫陽花園”を訪れたことがあるが、多種多様な紫陽花が実に美しかった。  岩手と言えば、少し郊外に出ればあたり一面たんぼが広がる。二次元の世界のようだと言ったら、まるで絵本の中に住んでいるみたいですね、と答えてくれたメル友がいた。そして、たんぼに水が入れば、まもなく蛙の大合唱が始まる。町外れにあった私の... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2003/06/26 12:51
ビートルズナンバーをジャズで聴く
 ミュージカルナンバーはよくジャズでも取り上げられている。ミュージカルそのものはあまり興味がわかないのだが、どういうわけかミュージカルナンバーをジャズで演奏したものはとても好きだ。底流に美しいメロディがあるからなのだと思う。ところで、美しいメロディといえばビートルズナンバー。カーペンターズなども取り上げているように、彼らの作り出すメロディはとても美しい。ということで、ビートルズナンバーをジャズで演奏するとどうなるのだろう、と興味を抱いていろいろ探しているのだが、どういうわけかあまり見つからない。... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2003/06/19 12:53
練り餡と粒餡
 歳を重ねるに連れて甘いものがだんだん好きになってきたようである。但し、一口に甘いものと言ってもやはり好き嫌いがある。餡子に関して言えば、練り餡は駄目で粒餡ならOKなのである。だから羊羹は苦手だが、おはぎは大好きだ。  音楽でも同じようなことがいえる。甘い曲と言ってもやはりメリハリの効いたものがいい。全面均一的な甘い曲はどうも苦手だ。なぜこんな話になったかと言うと、実は今日買ってきた女性ヴォーカルのレコードが、甘すぎてあまり宜しくなかったからなのだ。BGMとして聞けば聞けないことはないのだが、... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2003/06/08 12:54
受付嬢はやはり笑顔がいい
 久し振りに銀行へ行った。二つの受付窓口の女性たちに笑顔が見られない。今、世間で話題の某銀行だけに、そのこともあるのかと思っていた。もう一つの受付があいていたが、しばらくしてそこに戻ってきた女性は笑顔でお客に応対を始めた。そう言えばこの人は見覚えがあった。いつも笑顔を絶やさないから覚えているのだろうと思った。ただ、それでもどことなく元気が無さそうに見えたのは単なる思い過ごしか? ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2003/06/04 12:56
アレッ、お腹が・・・
 今日、風呂に入って気が付いた。少しお腹が出てきているような気がする。もともと、かなり出ていたのだが、必要最低限のエネルギー分だけのご飯の量にして、だいぶ凹んだかなと思っていた矢先だった。そう言えば、このごろ間食が多くなっている。きっとそのせいだ。体重はそれほど増えてはいないようなので、もう少し節制せねば。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2003/05/29 12:58
巡り合えない愛しい曲(2)
 大学に入ってすぐ、軽い気持ちでワンゲル部へ入ったが、結構きつい山登りの部であった。夏の北ア縦走を終えて、もうついていけないと言うことを自覚し、半年で退部するに至ったが、あまり良い思い出がない中で、たった一つ思い出に残るのが「エメラルド」という歌だった。キャンプの時に歌う歌集の中の一曲で、とてもロマンチックな曲だった。メロディはだいたい覚えているのだが、歌詞をほとんど忘れてしまって、一番肝心な部分がどうしても思い出せない。いろいろ歌集などを探したのだが、とうとう見つからなかった。勿論、レコードで... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2003/05/24 13:07
巡り合えない愛しい曲(1)
 昔聴いて懐かしいと思ってもなかなか入手できない曲は多い。特に幼少のころSP盤で聴いていた童謡など今はほとんど面影すらない。そんな童謡に混ざって  松島トモ子 が歌っていた「赤いカンナの花さけば」という曲があった。1955年の同名の映画の主題歌である。映画は見ていないが、松島トモ子のコンサートを見に行った記憶がある。歌詞はうろ覚えだがメロディは今でも克明に覚えている。何とかもう一度聴きたいと思って、レコード店の懐メロのコーナーを探してもどうやら復刻されていないようだ。SP盤だから難しいのかもしれ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2003/05/14 13:13
老人のいない街
 今日はひさびさ秋葉原、渋谷と回ったが、渋谷からNHKのスタジオパークまで大した距離でもないのにバスを使ってしまった。人ごみの中を歩くのが嫌だったからである。東京は何と人の多いことか。東京と言っても私は市部の田舎だからたまに都心へ出ると頭がクラクラしてしまう。  それにしても都心では老人の姿をほとんど見かけない。以前横浜に住んでいたこともあるがやはり老人は少なかったように思う。岩手へ転勤したとき、どこの街を歩いても老人を見かけるのが異様な感じがしたものだ。ところが今は逆である。今住んでいるとこ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2003/05/11 13:19
着いたも同然
 五月に入って天候も安定したので、奥多摩の散策をはじめている。今はまだ、足慣らし程度。ところで山登りをしていて頂上が見えたとき、多くの人はあと少しということで俄然元気が出るのではないだろうか。私も若い頃そういう時期があった。が、この頃は頂上が見えると、もう着いたも同然という気持ちになって気が抜けてしまうのである。そこで最後に急な登りが現れると途端に頑張りがきかなってしまう。根気がなくなってしまったものだ。こういう気持ちが仕事にも現れているような気がする。反省・・・。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2003/05/06 13:22
逃亡者
 長時間、映像でストーリーを追う根気が、歳とともに無くなってきているせいか、このごろ映画はあまり見ない方である。先日、何気なくTVのチャンネルを回していると、「逃亡者」をやっていた。結末がどんなだったか思い出したくなったので、そのまま見続けてしまった。「逃亡者」は10代のころTVで放映されていて、毎週見ていたものである。遅い時間だったため、うとうとしながら見ていたこともあって、ストーリーの方はほとんど忘れてしまった。映画ではハリソン・フォードが主演だが、イメージが随分ちがう。デビッド・ジャンセン... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2003/05/03 13:25
よしみバッジ
 新緑のシーズンである。このころは山菜採りにいった人が熊に襲われるというニュースが毎年飛び込んで来る。今はそうでもないが、若い頃、よく熊に襲われる夢を見て脂汗をかいたことがある。学生時代は毎年のように地元の白山に登っていたものだが、そのころ、若い女性が熊に襲われるという事故があった。多分出会い頭の遭遇だったと思うが、幸いたいした怪我には至らなかったようだ。それを記念して?登山バッジが作られた。よしみバッジという。多分その女性の名前を取ったのものだろう。考えようによってはちょっと悪趣味かも知れない... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2003/04/29 17:02
ジャズのミュージシャン
 このところ、毎週日曜日にはNHKのセッション505を聴きに行っているが、そこで気が付いたのが、ミュージシャンに年配の方が多いことである。といっても男性陣の方で、女性陣は若手が随分活躍している。男性ミュージシャンは7:3から8:2くらいでおじさんが圧倒的に多いような気がする。演奏される曲はやはり50年代・60年代のスタイルが多いのだろうか。過去の良き日を求めておじさん達が頑張っているのだろう。エールを贈りたい。ところで、このミュージシャンたちの紹介をセッション505のHPで見ていると、何と自分よ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2003/04/23 17:04
日曜の夜は忙しい
 日曜の夜は最近いろいろ忙しい。といっても自分の道楽での話しだが。今年になってから本格的に聞き始めたNHK-FMの「セッション505」のエア・チェックに加え、同時刻にあるNHKテレビの「芸術劇場」で今日はシャハムのヴァイオリン・リサイタルだからこれもビデオ取りしなければ、ということで、ステレオのスピーカーからはジャズが流れ、真ん中のテレビからはヴァイオリン・ソナタが流れてくるといった、変なマルチ・メディア状態となってしまった。欲張りだから両方同時に聞いていたが、所詮、落ち着いて聞けるものではない... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2003/04/20 17:05
死への恐怖
 友人から届いたメールに、中学時代の同級生の訃報が伝えられていた。すっかり忘れていた人だが、思い出せば、最初のクラスで私の前の席に座っていた人だ。40代、50代ともなるとポツリ・ポツリとこういった訃報が届くようになる。物心ついたころから死への恐怖はあった。これは恐らく万人に共通だと思う。その典型がマーラーである。彼の曲のテーマは常に「死」であったという。「大地の歌」の終盤のあの物悲しさ、この曲に第9と命名することを恐れたほどの生への執着。私が死への恐怖が最も強かったのは20代のころであった。30... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2003/04/20 16:00
アクセス件数急増
 昨日はHPのアクセス件数が多い日だった。普通だと、1日1〜2件、3件もあれば良い方だが、昨日は14件と急増である。一体何があったのだろう?足跡が何も残っていないから原因がよくわからない。もしかしたら、どこかの検索エンジンで引っかかりだしたのかな。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2003/04/20 15:09
液晶テレビ
 液晶テレビが普及し始めている。薄型で場所を取らず、持ち運びにも便利だから従来のテレビに取って代わることは間違いないであろう。ただ、まだまだ値段が高い。17型ではまだ10万円を切らないようだ。ところが、パソコンの周辺機器のメーカーで、モニター(ディスプレイ)にテレビ機能も付いたものが出始めている。Net通販で探せば、17型で7万円台の前半で手に入る。実は、つい先日、我が家に2台目を入れた。1台目はパソコン用と兼用だが、今回はテレビ専用として購入した。以前のものに比べリモコンも大型で使いやすくスピ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2003/04/14 17:11
演奏中のうなり声
 先日、バド・パウエルを聴いていて思い出したのだか、演奏中のうなり声というか、本人はピアノを弾きながらメロディを口ずさんでいるのだろうが、結構よく声が聞こえて来る。キース・ジャレットなども美しいピアノのバラードのバックには結構声が入っているが、こういった大御所が普通にやっているから、ジャズ界ではさほど珍しいことではない。  クラシックの好きな方は目くじらを立てる人もいるだろうが、実はクラシック界でも演奏中に声を出す方がいらっしゃるのである。知る人ぞ知る、ヘルマン・シェルヘンという指揮者だ。うな... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2003/04/12 17:12
歯医者さんの顔
 今までいろんな所に住んできたが、そこで必ず行くのが歯科医。青梅に越してきてからもさっそく歯医者通いである。ほとんど死んでしまったような歯は麻酔なしの治療だが、時々痛みを感じると、お前、まだ少しは生きているんだなぁなんて、自分の歯がいとおしくなってしまう。  ところで、歯医者さんっていつもマスクをしてるから、まともに顔を見たことがない。これが女医さんだったりすると、やはりどんな顔なのか気になってしまう。(因みに、今かかっているのはやさしそうな男の先生です。) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2003/04/07 17:14
キツネうどんとタヌキそば
 ときどき、駅の立ち食いそばを利用する。青梅線沿線だと、奥多摩そばだったかな、色がちょっと薄く、わりと癖がなくて気に入っている。よく食べるのがキツネそば。でもこれが関西だと通用しないようである。桑名に住んでいた頃キツネそばと言って注文したら、そばにあぶらげをのせるのかと確認されたことがある。関西出身の同僚によると、「きつねうどん」に「たぬきそば」なのだそうだ。関東以北ではそのようなこだわりはないようだが。私の地元、金沢でもあまり聞いたことがない。  そういえば、金沢ってどちらの文化圏なのかよく... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2003/04/02 17:16
整形外科、初体験
 今日は整形外科というところへ初めて行ってきた。何も美容整形をやろうというのではない。実は、昨年末に転んで打撲した肘に水が溜まってきたようなのでそれを抜いてもらうためである。インターネット・タウンページで普通の外科を調べて電話して聞いたら、それは整形外科ですよと言われた。再びインターネット・タウンページで調べて電話して見ると、歯医者と違って予約しなくても診療時間内ならいつでも受け付けてくれる。ということで行って見たわけだが、随分大勢の来客中であった。見渡すと周りはじいちゃん・ばあちゃんばかりであ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2003/03/29 17:17
パソコン改造、思いがけずに完了
 来月予定していたパソコン改造が思いもよらずはやまってしまった。事の発端は、次男のパソコンがハード・ディスクの容量不足のせいか、パンクしてしまったことに始まる。だいぶ前にセーブしてあったデータを使って復元しようとしたが、起動用のフロッピーが認識されない。どうもマザー・ボードまで壊れてしまったらしい。結局、私のパソコンのマザー・ボードをCPUごと提供することになり、取り敢えずは立ち上がったが、最新のデータは消えてしまったらしい。  ということで、私のパソコンは改造用に買っておいたマザー・ボードと... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2003/03/26 17:19
公開収録
 NHKのセッション505の公開収録を見てきた。こういう経験はこの歳になって初めてである。渋谷のNHKを探すのがまた一苦労。ずいぶん遠回りをしたが集合時間に遅れること5分くらいで何とかたどり着いた。会場は思ったより広かったが、既に大勢の人で埋まっていた。中近両用眼鏡だったため、後ろの方からだとちょっと遠くて見づらかったが。始まる前に、ディレクターのおじさんがいろいろ説明してくれた。携帯電話は録音の障害になる可能性があるから電源を切るようにとのこと。病院並だ。そして拍手の練習。ちょっと元気がないと... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2003/03/23 17:23
パソコン改造計画
 およそ1年ぶりでパソコンの改造を考えている。450M、800M、1.3Gの3世代はAMDのCPUを使ってきた。今回は久し振りにインテルを使う。それに伴い、マザー・ボードとメモリーも買い変えが必要だ。マザー・ボードは先月買った。必要最小限の機能しか付いていない廉価なものだ。そして今日は2.4GのCPUを買ってきた。今まで貯めたパソコンショップのポイントも全部使った。メモリーもいっしょに買えばいっきに改造作業に入ることができる。でも躊躇した。楽しみはじっくりととは建前で、本音は、お小遣いの残りが寂... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2003/03/21 17:24
お酒と牛乳が飲めない
 ここ2〜3年くらいだろうか。お酒が飲めなくなった。すぐ酔ってしまうわけではない。酔う前にお腹の具合が悪くなってしまうのである。子供のころからお腹が強いわけではなかったが、それでもこんなに極端ではなかった。日本酒換算で0.5合程度でも翌日には必ずお腹にきてしまう。牛乳などは少し冷たいのを飲むとたちどころにお腹が重くなってしまう。普通の食事では全く問題ないので、冷たさとアルコールに過敏になってきているようだ。もともとお酒は好きだから、飲みたいと思ったときや宴会などの付き合いでは飲んでしまうが、併せ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2003/03/20 17:30
さわやか自然百景
 このごろ日曜日の朝はいつも寝坊するのだが、今日は珍しく早く起きたので久し振りにNHKの自然百景を見ることができた。今日は冬の天売島。厳しい自然環境をたくみに利用してけなげに生きている動物たちを見ると、心が洗われるような気分になる。  ところでこの番組、左上の時刻の下にお天気マークが出るのである。岩手で見ていたときはなかったから、関東地方独自のサービスと思われるが、これが目障りなのである。せっかくの綺麗な風景が、例え一部であっても隠されてしまうのは何とももったいない気がする。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2003/03/16 17:32
レコードを買うなら中古店に限る
 今日は久し振りに横浜の関内にあるディスクユニオンを訪れて見た。横浜に住んでいたころは毎週通っていたものだ。御茶ノ水の店にも何回か足を運んだことはあるが、どうも都心の店は回転が速いのかなかなか掘り出し物にめぐり合えない。だから横浜のこの店は結構穴場ではないかと思っている。今日早速見つけたのが以前通販で買い損なったジョン・ウィリアムス・トリオの2枚組盤。通販のときは(多分)タッチの差だったと思うが、一枚盤のほうしか入手できなかった。それが、なんと通販の時の1/3〜1/4の値段である。早速ゲット。そ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2003/03/15 17:37
いまどきのカバー曲って…
 ネットを見ていたらたまたま、私の好きな“さすらいの天使”のカバー曲が目に留まった。オリジナルは石田あゆみの歌だが、カバーの方が試聴できたので聴いてみると、なんとも宜しくない。曲に対する思い入れとか表現力とか、何も気にせずにただ歌っているような気がしてならない。  そう言えば去年はあのヴィレッジ・シンガーズの“亜麻色の髪の乙女”がカバーされたが、これもしっくり来なかった。どちらの曲もカバーの方はまるでデリカシーがないように聞こえるのは私だけか?どうせカバーするなら、オリジナルを上回るような出来... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2003/03/14 17:38
音楽を聴くときの気分
 これもTVかラジオからの受け売りなのだが、音楽を聴くときはその時の精神状態にあったものを聴くのが良いそうである。楽しいときは楽しい曲を、悲しいときは悲しい曲を聴くのが精神のバランスを崩さないので良いらしい。そう、例えば、結婚式のときはハッピーな曲で盛り上がるように。悲しいとき、楽しい曲をかけてもミスマッチがおきてしまう。そういう時は悲しい曲を聴いて思い切り泣けばよいのである。そうすることによってストレスが発散できるのだから。  で、私が毎日どういう基準で曲を選んでいるかというと、上記の話は殆... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2003/03/12 17:41
私にとって写真とは?
 高校の修学旅行の時、親にせがんで新しいカメラを買ってもらうことになった。その時はカメラに対する知識は殆どなくて、当時よく読んでいた“天文ガイド”(今はあるのかな?)にアマチュアが投稿していた天体写真のデータで、やたらとアサヒペンタックスという名前が目に付いて、じゃあこれということになったのがきっかけである。その後、一眼レフのメカが面白くなり、カメラ雑誌なども見るようになって、秋山庄太郎の” 浅岡ルリ子“の写真に感激し、モデル撮影会などにもよく出かけたものだ。  今は人物よりは風景や高山植物な... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2003/03/11 17:44
レコードの針
 アナログレコードを聴いているというと、レコード針の入手が大変でしょうとよく言われる。確かに交換針は、よほどオーディオの老舗のものでないとすぐに消えてしまう。針の振動を電気信号に変える部分(一種の発電機なのだが)をカートリッジと言う。アナログプレーヤを見たことがあればおわかりと思うが、アームの先端についている小さな箱のようなものである。そこに普通、交換針を差し込む。  このカートリッジ、発電方法によってMM(ムーヴィング・マグネット)型とMC(ムーヴィング・コイル)型に分かれる。発電機の仕組み... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2003/03/08 17:51
シーハイルの歌
 ギャラリーの写真を整理していたとき、八甲田へ行く途中に見えた岩木山の写真が出てきた。そういえばこのあたりを通ったとき阿じゃ羅(あじゃら)と言う地名が目に付いた。岩木・あじゃらと続いたので思い出したのが「シーハイルの歌」。ドイツ語でシーはスキー、ハイルは万歳。山スキーを愛でる歌である。子供のころNHKの皆の歌でやっていて、結構好きだったが、アジャラとかボンジュネとか仏教的な言葉の意味がずっとわからないままであった。もしかしたらと思って岩木山の近くにボンジュネに関わる地名がないか地図で調べて見たら... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2003/03/07 17:52
百見は一聞にしかず
 今日の一曲を書き始めてから、改めて自分の感性の少なさ、語彙の少なさを痛感する今日この頃である。他の評論家の話からすると、この曲はもっと楽しめてもいいんじゃないかとか、もっともっと適切な表現の仕方があるんじゃないかとか、そんなことを考えてしまう。でも、そもそも耳で聞いた音を言葉で完全に言い尽くすこと自体無理があるのではないか、と居直ってしまう手もあるか。昔、友人とオーディオ論議をしていた時、“百見は一聞にしかず“という言葉を聞いてハッとしたことがある。オーディオ装置の音は、百回カタログを見たって... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2003/03/06 17:58
花は誰のために咲く?
 岩手や北海道に住んでいたときは冬が長く、一斉に花が咲き乱れる春の来るのが待ちどおしかった。花は誰のために咲くのか?勿論、花粉を運んでくれる虫たちのためである。特定の虫のためだけに進化した花もずいぶんあるようだ。人類との付き合いよりはずっと長いはずである。花が好きな人は多いが、虫の好きな人はあまりいないだろう。昔、虫という字が入った漢字をことごとく嫌う女性の話しを聞いたことがある。その人にもたった一つ例外があった。「虹」という字である。  昆虫は人類よりもはるかに下等な生物に見える。が、その種... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2003/03/05 18:01
涙(なだ)そうそう
 マクドナルドでハンバーガーをぱくついているとこの曲がかかった。沖縄旅行の時お世話になったマリンスティションさんで、夜の飲み会の時に教えていただいた思い出深い曲である。(そう言えばマリンスティションさんは今帰仁(なきじん)というのところにあるのだが、何故“今”を“な”と発音するのか聞いたところ、“今”のことを“なま”と言うのだそうである。それで納得。)  飲み会の時は、ビギンのテープを聴かせていただいていい曲だなぁと思った。その後皆で歌ったりして結構盛り上がったものである。昨年のレコード大賞や... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2003/03/04 18:06
梅と桜の散り方
 近所の梅はかなり花が開いたようだが、吉野梅郷はこれからといった感じだ。梅と言えば、昨年散歩の途中、散った梅の花を見てはっとした。梅って、花ごと散るんだなあと。桜は花びらが散るのに、梅は違うんだということを恥ずかしながらこの歳になって初めて知った。まあ、これまではあまり梅の花に注目していなかったからだろう。そういえば小学校の理科で合弁花・離弁花というのを習ったことがある。さしずめ、梅は合弁花、桜は離弁花なのだろうと考えてしまった。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2003/03/02 18:08
動物の味覚
 多摩川橋から川面を見ていると、鵜と思しき鳥が魚を捕っていた。捕らえた獲物は文字通り鵜呑みである。それを見て思い出したのだが、いつも疑問に思っていることの一つに動物の味覚がある。鵜のように、獲物を丸呑みにする動物の味覚ってどうなっているんだろうと。どうやって美味しいと感じるのだろうか?このごろ歳のせいか野菜を美味しいと思うようになった。でも草食動物は草を食べながら、食物の味をどんな風に感じ取っているのだろう。きっと美味しいと思って食んでいるに違いない。人間が牧草や藁を食べたってちっとも美味しくな... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2003/02/28 18:46
アクセスカウンタ
 そう言えば、私のホームページのアクセスカウンタの表示がうまく見えていないのである。緑色の“8”が6桁並んでいるだけ。たった一度だけまともに見えたことはあるのだが、一度パソコンの電源を落としてからは、それっきり動いているのが見えない。DIONに問い合わせたところ、問題なく見えているという回答だった。ADSLで繋ぎっぱなしだと、電源を切らない限りカウントされないとのことなのだか、そもそも動いている状態に見えないのである。他の皆さんからは、何番目だったという便りがあるので多分見えているんでしょう... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2003/02/27 18:48
DVD+RW
 DVDはビデオテープに変わって着実に普及しつつあると思う。記憶装置としてのDVDを見て見ると、DVD-RAMから始まって、DVD-RW/R、DVD+(プラス)RW/Rと混乱の極みである。最近ではDVD±(プラスマイナス)RW/Rなんてのもあるみたいだが、最近店頭から消えているのは、品不足なのかあるいは機構的に不安定で引っ込めたのか?  私は、初期のころDVD-RAMをかなりの高額で買ったのだが、当時のものは片面2.3Gまでだった。それは現在も現役で使って入るが、その後、記憶媒体が片面4.7G... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2003/02/25 18:51
口ずさむ歌
 普段レコードで聴いている曲と、何気なく口ずさむ曲はあまりオーバーラップしていない。散歩がてらに、小声あるいは心の中でよく歌う歌は、ビートルズの“And I Love Her”や ローリング・ストーンズの“As Tears Go By (涙あふれて)”、シューベルツの“風”など。そうそう、モンキーズの“Day Dream Believer”などもたまに出てくる。クラシックやジャズ、女性ヴォーカルはほとんど出てこない。学生時代、アパートの一室で一人でギターを弾きながら歌っていた歌ばかりだ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2003/02/24 18:52
ふきのとう
 昔NHKの大河ドラマ「太閤記」で、浪花千栄子扮する大政所が、庭の雪をかき分けて摘み取ったふきのとうを、緒方拳扮する我が子秀吉に、食べさせていたシーンがあった。結構うまそうに食べていたが、どんな料理方法か定かではない。お浸しのような感じもした。  最近近所のスーパーでふきのとうを見かける。ふきのとうはやはり天麩羅が旨い。岩手で寮生活をしていたころ、管理人の奥さんが飲み会の時などよく差し入れてくれたものだ。寮の近くのスーパーには売っていない。売らなくてもそこいらの道端にいっぱいあるから。といって... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2003/02/23 18:54
日本のメロディ
 いつだったかふとラジオを聞いていたら、日本のメロディの原点は “ どれみ そら ど ” なのだと言う話をしていた。確か奄美も同じと言っていたと思うが、要するに4,7抜けなのである。沖縄は “ ど  みふぁそ しど ” だからすぐわかるが。ならばと「夕焼け小焼け」を歌って見ると確かにそうだ。番組で言っていた「昂」も納得。吉田拓郎の「結婚しようよ」もそうなっている。「朧月夜」、日本の歌だが残念ながら” ふぁ “が二箇所。それと短調の曲は当てはまらないようだ。いろいろ確かめてみると面白い。同じ拓郎が... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2003/02/22 18:56
BBS
 当初躊躇していたBBSを開設してみた。ほとんど書き込みがないのではないかと心配していたが、今のところ、そこそこ順調に推移しており、書き込んで下さった方々にはとても感謝している。BBSの場合、公に公開されているだけに、プライベートなことや著作権にかかわることなど、十分気を付けなければいけないが、それだけに表現がある程度制約されることも事実だ。  今まで添付ファイルとして送っていたコンテンツや話題など、かなりの部分がHP上で公開されるようになった。さらにBBSという手段が増えたことによって、メー... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2003/02/22 18:40
ハタハタ
 家内がしばらくいなかったとき子供たちの分も含め、3人分の食材を探してスーパーをうろうろしていたら、昔懐かしいハタハタが目に付いた。魚の煮物なんてできる柄ではないが、確か、単身赴任時代に一度やったことがある。醤油だけで煮ればいい。それを思い出して15匹買ってきた。さていざ煮ようと思ったら、そうだ内臓を取らねば。結構大変な作業だ。泣く泣くなんとか15匹捌いて煮物に仕上げた。北の海の味覚、子供たちも喜んで食べてはくれたのだが。  あとで実家の母と電話で話していたら、頭を取れば内臓はすぐ取れるよと言... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2003/02/21 19:02
デジカメ
 HPのギャラリーを作りながら、岩手編で活躍した一世代前のデジカメのことを思い出した。 何しろシャッターの反応が遅くで、動きの速い被写体になかなかついて行けなかった。 とくに"みちのく芸能まつり"は夕方から夜にかけてなのでシャッター速度も自動的に遅くなりどうしてもブレでしまう。 ストロボを焚けばよいのだが電池が持たない。 ということで、ブレた写真がいっぱいある中からまともな写真を選ぼうとすると、限られたものしかなかた。  このころは、記憶媒体の容量も少ないから、解像度を我慢しないと枚数が稼げな... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2003/02/20 19:04
電話共有ADSLの電話着信時の切断
 引越しを機会にADSLを電話と共有にしたのだが、電話の着信時にしょっちゅうADSLが切れてしまう。 NTTのWebで、保安機が古いとこういう現象が起こると書いてあったので 早速交換を申し込んだ。(何と、有償なのですが)ところが、工事にきたおじさんの話では保安機は新型になっているとのこと。 ノイズフィルタをいろいろ付けても改善されない。オンラインゲームをしている子供が切れるたびに悲鳴をあげる。  パソコンショップでいろいろ話しを聞いて、電話の別のコンセントにダミーでいいからもうひとつスプリッタ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2003/02/19 19:05

トップへ | みんなの「ひとりごと」ブログ


by ブログの時計屋さん
ひとり言 ひとりごとのテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる