アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「花」のブログ記事

みんなの「花」ブログ

タイトル 日 時
モミジガサとテバコモミジガサ
モミジガサとテバコモミジガサ モミジガサとテバコモミジガサはどちらも奥多摩に生育する野草だ。テバコモミジガサは高知県の手箱山で最初に発見されたとのことだが、違いはその大きさぐらいなので、これまではほとんど感覚的な同定しかできなかった。もう少し確実な方法をと、ネットでいろいろ調べていたところ、葉の裏面に違いがあるということがわかったので、今年の散策では必ず葉を裏返して見る事にした。なるほどこれなら一目瞭然だ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/10/06 21:57
秋の野菊たち
秋の野菊たち 一昨年秋、タイトルだけつけて編集中のまま放置状態^^;、あっという間に1年以上たってしまいました。 あらためて昨年の秋の野菊の写真を整理して、ようやくまとめることができました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/01/09 20:12
ノササゲ
ノササゲ 1年前に初めて奥多摩で目にした花だが、名前がわからずにずっと気になっていた。あまり目立たない地味な花だ。検索のキーワードを何にすればよいのか、調べるにも手がかりがなかった。先日マメ科の花を調べていてふと似たような花が目にとまった。写真と照合して見るとどうやら間違いがなさそうである。ノササゲ(野大角豆)と書くそうだ。つる性の多年草で、実は熟すと濃い紫色のサヤになるそうだ。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/10/16 16:39
山の躑躅
山の躑躅 桜の季節が過ぎると各地の公園や庭園では躑躅がいっせいに咲き始める。青梅市でも塩船観音寺の躑躅が有名で、つつじ祭りの時には火渡り荒行修行などのイベントも開催され、大勢の観光客が訪れる。躑躅が終わると今度は紫陽花の季節となり、それはそれで季節感を感じさせてくれる。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

2009/09/26 00:14
高山の黄色い花
高山の黄色い花 高山植物の中でミヤマキンバイ、シナノキンバイ、ミヤマキンポウゲはなかなか見分けがつかないようである。その中でシナノキンバイは私がよく登る白山や尾瀬至仏山でいつも見かけるので、この頃は見ただけでわかるようになってきた。ミヤマキンバイは20代のころ見たという記憶があるのだがどんな花だったかすっかり記憶の外に追いやられていた。ミヤマキンポウゲは時々見かけるのだが、黄色がデジカメで旨く写せずに後から写真で見て脳裏に定着することがなかった。 今回至仏山で撮った写真を整理していく中で幸運にもこの3種類の花... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/07/26 23:20
アカショウマ(奥多摩ロックガーデン) 
アカショウマ(奥多摩ロックガーデン)  ショウマの見分けが苦手である。特にヤマブキショウマ(バラ科)、トリアシショウマ・アカショウマ(ユキノシタ科)はその姿がよく似ているので難しい。このうちヤマブキショウマは葉の形が何となく違うなという感じがするのと、雌雄異株ということもあって拡大した花の姿でもある程度見分けることができるのだが、アカショウマとトリアシショウマはネットでいろいろ写真を見比べても違いがよくわからなかった。 奥多摩に詳しい方のコメントだと、奥多摩にトリアシショウマはいないということなので、今の時期目にするのはほとんどアカ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/07/06 13:40
ホトケノザ
ホトケノザ  オオイヌノフグリとともにこの花を見つけると、春の兆しを感じる。他のブログでは早々と紹介されているが、昨日ようやく近所でこの花を見つけることができた。  名前からこの花が春の七草の一つと思われることが多いようだが、実際には春の七草のホトケノザはコオニタビラコの別名でキク科の植物である。こちらはシソ科であまり食べてもおいしくないとのことだが、スーパーなどで七草粥の材料として間違えて売られていることもあるそうだ。  キク科のコオニタビラコは見つけるのが難しいそうである。私もまだ実物を見たことがな... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/03/02 18:12

トップへ | みんなの「花」ブログ


by ブログの時計屋さん
ひとり言 花のテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる